ポンド円:LONDON-strategy(2019.9.6) - FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx

ポンド円:LONDON-strategy(2019.9.6) - FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx

ポンド円:LONDON-strategy(2019.9.6)

logo333LONDON-b-48.jpg

FX為替トレード:LONDON-strategy(2019.9.6)

アルゴリズム解析でポンド円の欧州時間(15:00~21:30)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(TOKYO-Summary)をご案内しています。

◆132.62-131.17【↑↓】レンジ
レンジ両サイドからの攻め(売り編)
《売りポイント》[1]132.16
《利食いポイント》131.57-131.63
レンジ両サイドからの攻め(買い編)
《買いポイント》[1]131.63
《利食いポイント》132.16-132.22

※レンジサインに転換です。
※トレンド指数は(8h・16h値)レンジ、(24h・32h値)買いとなっています。波動は二段階フラットで上下に振れて転換を繰り返す可能性が有ります。
※欧州時間はレンジ両サイドからの攻め(逆張り)で参入を致します。レンジ(131.57-132.22)の何れかを抜けた段階でレンジ終了から順張りに変更となります。
※欧州時間の英国指標は
16:30 英8月ハリファックス住宅価格
※イベント(米雇用統計)を控えていますので短期取引となります。イベント前にはポジションをスクウェアにして臨んで下さい 。

【指値ポイント】
※NY時間に米雇用統計が控えていますので、指値はリスクが高いと判断をし配信を中止と致します。
※2019.9.6_15:00現在

雇用統計市場コンセンサス

◇失業率(市場コンセンサス3.7%)
2019年
(1月4.0%・2月3.8%・3月3.8%・4月3.6%・4月3.6%・5月3.6%・6月3.7%)
(7月3.7%)
2018年
(1月4.1%・2月4.1%・3月4.1%・4月3.9%・5月3.8%・6月4.0%)
(7月3.9%・8月3.9%・9月3.7%・10月3.7%・11月3.7%・12月3.9%)

◇非農業部門雇用者数(市場コンセンサス+16.0万人)
2019年
(1月+30.4万人・2月+2.0万人・3月+19.6万人・4月+26.3万人・5月+7.5万人 ・6月+22.4万人)
(7月+16.4人 )
2018年
(1月+22万人・2月+31.3万人・3月+10.3万人・4月+16.4万人・5月+22.3万人・6月+21.3万人)
(7月+15.7人・8月+20.1万人・9月+13.4万人・10月+25.0万人・11月+15.5万人・12月+31.2万人 )

◇平均時給(市場コンセンサス前月比+0.3%、前年比+3.0%)
2019年
(1月前月比+0.1%、前年比+3.2%・2月前月比+0.4%、前年比+3.4%・3月前月比+0.1%、前年比+3.2%・4月前月比+0.2%、前年比+2.6%・5月前月比+0.2%、前年比+3.1%・6月前月比+0.2%、前年比+3.1%)
(7月前月比+0.3%、前年比+3.2%)
2018年
(1月前月比+0.3%、前年比+2.9%・2月前月比+0.1%、前年比+2.6%・3月前月比+0.3%、前年比+2.7%・4月前月比+0.1%、前年比+2.6%・5月前月比+0.3%、前年比+2.7%・6月前月比+0.2%、前年比+2.7%)
(7月前月比+0.3%、前年比+2.7%・8月前月比+0.4%、前年比+2.9%・9月前月比+0.3%、前年比+2.8%・10月前月比+0.2%、前年比+3.1%・11月前月比+0.2%、前年比+3.1%・12月前月比+0.4%、前年比+3.2%)

2019.9.6ポンド円TOKYO-Summary

日経平均に連動

・日経平均が堅調に推移すると円売りが進行。ドル円は107.10まで、ポンド円は132.05まで上昇。その後、日経平均が伸び悩みから上昇幅を縮小すると円買いが入り、ドル円は106.94まで、ポンド円は131.78まで下落となっています。

[売買結果] [本日 0P  9月累計  216P]
129.69(L)保有


[指値条件]
※リアルトレードに参加出来ない人を対象としていますのでリアルとはポイント値が異なる事が有ります。
※設定時刻までに指値が入らなければ中止です。
※ポジションの50%を《22Pipsポイント》で利確し、残ポジションを《最終利食いポイント》まで引っ張ります。
※ストップ値は《22Pips利食いポイント》で利食いが出来た場合は、残り50%のポジションの《ストップ》を建値に変更します。
※指値注文の有効時間は17:30まで(英指標が有る場合は17:00まで)、利食いポイントの有効時間は20:00まで。設定時刻までにポイントまで到達しない場合は成行決済となります。

[data条件]
※このTOKYO-strategyの解析はwonderfx alogorithm&quants 12.6.4版になります。
※strategyの対象時間帯は15:00~22:30となります。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、LONDON-strategyはアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このLONDON-strategyにより生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
(2019.8.31規定)
commentinfo4.jpg


今日の記事やトレードは良かったと思われた方、若松浩幸のブログの応援をお願いします
下記のバナーをクリックして頂けると1票が投じられます。1日1回よろしくお願いします

arrow42-011arrow42-011arrow42-011     arrow42-011arrow42-011arrow42-011     arrow42-011arrow42-011arrow42-011
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

皆様、お疲れ様です。
レンジサイン転換、更に波動二段階フラットですので、上下に振れて転換を繰り返す可能性が高いです。引き続き、欧州時間もよろしくお願いします。

2019-09-06 15:06 from 若松 浩幸

algorithm analysis欧州戦略はドル円、ポンドドル、ユーロ円、ユーロドルの4通貨共にハッキリした売買シグナルが出ていませんので配信を中止致します。

2019-09-06 15:11 from 若松 浩幸

ポンド円を含めて5通貨方向性の無いです。

2019-09-06 15:11 from 若松 浩幸

雇用統計info

◇NY-strategy は雇用統計発表の為(テクニカルが通用せず一時的に乱高下する)配信は中止します。
雇用統計の動きを見ながらCES(臨時版)の掲載を行います。あくまでもテクニカルが前提になっていますのでご了承願います。

CES(臨時版)Updateまでは、細かい変化等は随時コメント欄にその都度、掲載致します。
尚、雇用統計のリアルタイムトレードもこのスレッドで全て行いますのでよろしくお願いいたします。

2019-09-06 15:12 from 若松 浩幸

波動二段階フラットですので、上下に振れています。注意をして下さい。

2019-09-06 15:27 from 若松 浩幸

やや買いが優勢となっています。

2019-09-06 15:49 from 若松 浩幸

レンジ上限(レジスタンスの扱い)は教科書通りです

レンジ上限=132.16-132.22(レジスタンスライン)の攻防です。
完全に上抜けた場合は、レジスタンスがサポートに変化。同ラインを下値目処とした順張りの買いで入ります。
反対にレジスタンスした場合、若しくはレンジ売りの場合はストップを132.42に設定しての参入となります。

2019-09-06 15:50 from 若松 浩幸

ネクストレジスタンス(完全に上抜けした場合)

8時間値レジスタンス(2')=132.62
8時間値レジスタンス(2)=132.42

2019-09-06 15:51 from 若松 浩幸

上下に振れています。

2019-09-06 16:09 from 若松 浩幸

レンジ下限(サポートラインの扱い)は教科書通りです

レンジ下限=131.57-131.63(サポートライン)の攻防です。
完全に下抜けた場合は、サポートラインがレジスタンスに変化。同ラインを上値目処とした順張りの売りで入ります。
反対にサポートした場合、若しくはレンジ買いの場合はストップを131.37に設定しての参入となります。

2019-09-06 16:10 from 若松 浩幸

買い
131.58(L)しました(ストップを131.37に設定)

2019-09-06 16:10 from 若松 浩幸

波動二段階フラットですので利食い優先のトレードになります。

2019-09-06 16:11 from 若松 浩幸

ネクストサポート(完全に下抜けた場合)

8時間値サポート(2)=131.37
8時間値サポート(2')=131.17

2019-09-06 16:12 from 若松 浩幸

追加
131.64(L)しました

2019-09-06 16:16 from 若松 浩幸

反発が弱い場合は手仕舞います。

2019-09-06 16:19 from 若松 浩幸

131.58(L)⇒134.74利確16P
131.64(L)⇒134.74利確10P

2019-09-06 16:41 from 若松 浩幸

レンジ下限からの反発が弱いので一旦手仕舞い、再参入を見極めます。

2019-09-06 16:43 from 若松 浩幸

引き続き、ストップを設定して両サイドからとなります。米雇用統計が控えていますので無理はしないで下さい。

2019-09-06 16:52 from 若松 浩幸

レンジ下限=131.57-131.63(サポートライン)の攻防が続いています。
食事休憩(17:40-20:10)に入ります。

2019-09-06 17:33 from 若松 浩幸

ご案内

雇用統計のリアルタイムトレードは「このスレッド」で引き続き行います。
NY市場戦略(strategy)に関しては、指標発表から21:30~2200までのデータをプラスして、NY-strategyCES臨時版(2019.9.6)を22:10頃のアップ致します。
引き続き、NY、雇用統計もよろしくお願いします。

2019-09-06 20:00 from 若松 浩幸

雇用統計
決して「無理」しないで下さい。
世間(各FX会社等)は雇用統計をお祭りの様に扱い参加者を煽っています。私からすると「もってのほか」です。
大きく動くだけでなく上下も振れ通常のトレードとは比べものにならない程、高リスクです。FX会社の戦略は只々取り扱い量を増やしたい、それだけです。雇用統計だけで得る利益を考えて下さい。時間当りでは大きいだけでそれ以外は何も無いです。

「無理」をするなと言っているのは「参加するな」と言った訳では無いです。
通常のトレードと同様に冷静に行うと言う事です。
上記を言い直せば難しいと感じた時は「様子見」。解り易く簡単になった時は「参入」です。
先ずは市場のコンセンサスと結果を比べて正確に判断をして慌て無い事です。

私も難しいと感じた時は100%参入はしません。FXはギャンブルでないからです。

2019-09-06 20:00 from 若松 浩幸

米雇用統計

米雇用統計の初期判断は
平均時給>前月の修正> 非農業部門雇用者数>失業率
の優先順位で確認。
米10年債権利回りの1分足の動きから方向性を見て参入をします。

2019-09-06 20:01 from 若松 浩幸

まもなく米雇用統計です。皆様、準備はよろしいでしょうか?指標から入ります。

2019-09-06 21:04 from 若松 浩幸

売り
131.66(S)しました

2019-09-06 21:35 from 若松 浩幸

ご案内

皆様、お疲れ様です。
まもなく20時30分までの最新データを元にアルゴリズム解析に入ります。
解析が終了次第、非農業部門雇用者数悪化も米平均時給の改善がドル売りを抑制=ポンド円:NY-strategyCES臨時版(2019.9.6)をアップしますので暫くお待ち下さい。

2019-09-06 21:42 from 若松 浩幸

131.66(S)⇒131.56利確10P

2019-09-06 21:50 from 若松 浩幸

売り直しで入ります。

2019-09-06 21:51 from 若松 浩幸

売り直し
131.59(S)しました

2019-09-06 21:51 from 若松 浩幸

米10年債権利回り低下継続です。

2019-09-06 21:52 from 若松 浩幸

利食いです。再び売り直しで入ります。
131.59(S)⇒131.41利確18P

2019-09-06 21:55 from 若松 浩幸

ご案内

非農業部門雇用者数悪化も米平均時給の改善がドル売りを抑制=ポンド円:NY-strategyCES臨時版(2019.9.6)の更新を完了しています。

2019-09-06 22:05 from 若松 浩幸

コメントの投稿
非公開コメント



今日の記事やトレードは良かったと思われた方、若松浩幸のブログの応援をお願いします
下記のバナーをクリックして頂けると1票が投じられます。1日1回よろしくお願いします

arrow42-011arrow42-011arrow42-011     arrow42-011arrow42-011arrow42-011     arrow42-011arrow42-011arrow42-011
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

Hiroyuki.Wakamatsu 2011-2019(2028) aa232 All Rights Reserved.
トラックバック
この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。 転載を希望される方はお問い合わせ下さい 

PAGE TOP