ポンド円:LONDON-strategy(2019.7.10) - FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx

ポンド円:LONDON-strategy(2019.7.10) - FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx

ポンド円:LONDON-strategy(2019.7.10)

logo333LONDON-b-48.jpg

FX為替トレード:LONDON-strategy(2019.7.10)

アルゴリズム解析でポンド円の欧州時間(15:00~21:30)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(TOKYO-Summary)をご案内しています。

◆136.11-135.08【↑↓】レンジ
レンジ両サイドからの攻め(売り編)
《売りポイント》[1]135.78
《利食いポイント》135.37-135.41
レンジ両サイドからの攻め(買い編)
《買いポイント》[1]135.41
《利食いポイント》135.78-135.83

※レンジサインに転換です。
※トレンド指数は8時間値微弱の買い、16時間値レンジ、(24h・32h値)買いとなっています。波動は変形のすり鉢型で、上下を繰返す可能性も有ります。
※欧州時間はレンジ両サイドからの攻め(逆張り)で参入を致します。レンジ(135.37-135.83)の何れかを抜けた段階でレンジ終了から順張りに変更となります。
※欧州時間の英国指標は
17:30 英5月商品貿易収支
17:30 英5月鉱工業生産
17:30 英5月製造業生産
17:30 英5月建設支出
17:30 英5月サービス業指数
※2019.7.10_15:00現在

2019.7.10ポンド円TOKYO-Summary

日経平均が上昇幅を縮小した事から円買い戻しが優勢

・日経平均が寄り付きから上昇幅を拡大した事やゴトウ日実需(輸入)からの円売りから、ドル円は108.98まで、ポンド円は135.77まで上昇。
・仲値が過ぎると実需が後退。日経平均が上昇幅を縮小した事から円買い戻しが優勢となり、ドル円は108.86まで、ポンド円は135.56まで上値を切り下げています。

[売買結果] [本日 0P  7月累計202P]
135.59(L)⇒135.59利確0P 2019-07-10 13:54
136.23(L)保有
137.56(L)保有
137.24(L)保有(リミット・ストップ未設定)
136.86(L)スイング保有(リミットを142.12に設定・ストップ未設定)


[指値条件]
※リアルトレードに参加出来ない人を対象としていますのでリアルとはポイント値が異なる事が有ります。
※設定時刻までに指値が入らなければ中止です。
※ポジションの50%を《22Pipsポイント》で利確し、残ポジションを《最終利食いポイント》まで引っ張ります。
※ストップ値は《22Pips利食いポイント》で利食いが出来た場合は、残り50%のポジションの《ストップ》を建値に変更します。
※指値注文の有効時間は17:30まで(英指標が有る場合は17:00まで)、利食いポイントの有効時間は20:00まで。設定時刻までにポイントまで到達しない場合は成行決済となります。

[data条件]
※このTOKYO-strategyの解析はwonderfx alogorithm&quants 12.2.6版になります。
※strategyの対象時間帯は15:00~22:30となります。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、LONDON-strategyはアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このLONDON-strategyにより生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
(2019.6.15規定)
commentinfo4.jpg


今日の記事やトレードは良かったと思われた方、若松浩幸のブログの応援をお願いします
下記のバナーをクリックして頂けると1票が投じられます。1日1回よろしくお願いします

arrow42-011arrow42-011arrow42-011     arrow42-011arrow42-011arrow42-011     arrow42-011arrow42-011arrow42-011
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

皆様、お疲れ様です。
揉み合いからレンジ入りです。引き続き、欧州時間もよろしくお願いします。

2019-07-10 15:06 from 若松浩幸

algorithm analysis欧州戦略はドル円、ポンドドル、ユーロ円、ユーロドルの4通貨共にハッキリした売買シグナルが出ていませんので配信を中止致します

2019-07-10 15:07 from 若松浩幸

5通貨全て方向性なくレンジです。

2019-07-10 15:08 from 若松浩幸

本日のパウエルFRB議長の議会証言を控えて方向性を傾け難い状況となっています。英指標は 鉱工業生産と製造業生産高は共にコンセンサスは改善です。

2019-07-10 15:14 from 若松浩幸

今日も欧州早朝はポンド売りからです。

2019-07-10 15:23 from 若松浩幸

レンジ下限のサポートを確認していましたら先に反発です。再度下押しが有れば再び確認から入ります。

2019-07-10 15:45 from 若松浩幸

135.59(L)しました(ストップを135.23に設定)

2019-07-10 15:46 from 若松浩幸

流れに沿って買いで入っています。

2019-07-10 15:47 from 若松浩幸

レンジなので細かく刻んで行きます。

2019-07-10 15:48 from 若松浩幸

現況15:50

仏の鉱工業生産、製造業生産の改善を受けてユーロドルの上昇に連れています。

2019-07-10 15:50 from 若松浩幸

東京時間も同値で買い。利が伸びなかった状態。
レンジですので利が乗ったら逃げる、利食い優先が良さそうですが、その利も乗らないです。

2019-07-10 15:58 from 若松浩幸

135.59(L)⇒135.70利確11P

2019-07-10 16:02 from 若松浩幸

買い直しで入ります。

2019-07-10 16:03 from 若松浩幸

レンジ上限(レジスタンスの扱い)は教科書通りです

レンジ上限=135.78-135.83(レジスタンスライン)の攻防です。
完全に上抜けた場合は、レジスタンスがサポートに変化。同ラインを下値目処とした順張りの買いで入ります。
反対にレジスタンスした場合、若しくはレンジ売りの場合はストップを135.97に設定しての参入となります。

2019-07-10 16:14 from 若松浩幸

ネクストレジスタンス(完全に上抜けした場合)

8時間値レジスタンス(2')=136.11
8時間値レジスタンス(2)=135.97

2019-07-10 16:14 from 若松浩幸

上抜けてくれると解り易い展開。反対にレジスタンスした場合は難しいレンジの動きです。

2019-07-10 16:17 from 若松浩幸

17時までは教科書通り。17時以降は英指標を意識したトレードです。

2019-07-10 16:34 from 若松浩幸

買い
135.84(L)しました

2019-07-10 17:11 from 若松浩幸

英指標コンセンサスは

17:30 英5月月次国内総生産(GDP)=市場予想改善
17:30 英5月鉱工業生産=市場予想改善
17:30 英5月製造業生産=市場予想改善

2019-07-10 17:14 from 若松浩幸

手仕舞いです。
135.84(L)⇒135.82利確▲2P

2019-07-10 17:31 from 若松浩幸

鉱工業生産と製造業生産高が市場予想を下回ったので一旦手仕舞いです。

2019-07-10 17:32 from 若松浩幸

食事休憩(17:40-20:10)に入ります。続きはNYからとします。。

2019-07-10 17:36 from 若松浩幸

皆様、お疲れ様です。
まもなく20時30分までの最新データを元にアルゴリズム解析に入ります。
解析が終了次第、NY-strategy(2019.7.10)をアップしますので暫くお待ち下さい。

2019-07-10 19:54 from 若松浩幸

コメントの投稿
非公開コメント



今日の記事やトレードは良かったと思われた方、若松浩幸のブログの応援をお願いします
下記のバナーをクリックして頂けると1票が投じられます。1日1回よろしくお願いします

arrow42-011arrow42-011arrow42-011     arrow42-011arrow42-011arrow42-011     arrow42-011arrow42-011arrow42-011
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

Hiroyuki.Wakamatsu 2011-2019(2028) aa232 All Rights Reserved.
トラックバック
この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。 転載を希望される方はお問い合わせ下さい 

PAGE TOP