ポンド円:NY-strategy(2019.6.25) - FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx

ポンド円:NY-strategy(2019.6.25) - FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx

ポンド円:NY-strategy(2019.6.25)

logo333NY-b-48.jpg

FX為替トレード:NY-strategy(2019.6.25)

アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(21:30~05:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中21:30と22:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。

[20:30現在アルゴリズム解析です]
◆136.79-135.89【↓】売り
《売りポイント》[1]136.49 [2]136.59
《利食いポイント》136.12-136.19

※売りサイン継続です。
※トレンド指数は4ブロック時間軸全て売りとなっています。波動はすり鉢型で、揉み合いの中で有ります。
※NY時間は売りから参入を致します。同時に波動すり鉢型付きサポートラインからの逆張りも視野に入れます。
※NY時間の指標等は
22:00 米4月住宅価格指数
22:00 米4月S&Pケースシラー住宅価格指数
23:00 米6月リッチモンド連銀製造業指数
23:00 米5月新築住宅販売件数
23:00 米6月消費者信頼感指数
25:00 ボスティック・アトランタ連銀総裁=講演
26:00 パウエルFRB議長=講演

2019.6.25ポンド円LONDON-Summary

対ユーロの動きに左右され上下に振れる

・ユーロポンドでのユーロ売りポンド買いが進行すると、ポンドドルは1.2782まで、ポンド円は136.83まで上昇。その後、ユーロポンドが買いに転換すると、ポンドドルは1.2730まで、ポンド円は136.25まで上昇となっています。

[売買結果] [本日 ▲29P  6月累計638P]
136.67(L)⇒136.39ストップ▲28P
136.70(L)⇒136.39ストップ▲31P
136.47(S)⇒136.81ストップ▲34P
136.82(S)⇒136.61利確21P
136.60(S)⇒136.61利確▲1P
136.53(S)⇒136.61利確▲8P
136.69(S)⇒136.51利確18P
136.65(S)⇒136.51利確14P
136.60(S)⇒136.51利確9P
136.51(S)⇒136.51利確0
136.47(S)⇒136.51利確▲4P
136.51(S)⇒136.43利確8P
136.50(S)⇒136.43利確7P 2019-06-25 16:48
136.88(L)保有(リミット・ストップ未設定)
136.86(L)スイング保有(リミットを142.12に設定・ストップ未設定)


[data条件等]
※このTOKYO-strategyの解析はwonderfx alogorithm&quants 12.2.6になります。
※strategyの対象時間帯は22:30~06:55となります。
※途中アルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、NY-straregyはアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このNY-straregyにより生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
(2019.6.15規定)
commentinfo4.jpg


今日の記事やトレードは良かったと思われた方、若松浩幸のブログの応援をお願いします
下記のバナーをクリックして頂けると1票が投じられます。1日1回よろしくお願いします

arrow42-011arrow42-011arrow42-011     arrow42-011arrow42-011arrow42-011
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
 

皆様、お疲れ様です。
売りサイン継続ですがトレンドが無いです。一過性の売りと考えて下さい。引き続き、NY時間もよろしくお願いします。

2019-06-25 20:37 from 若松浩幸

米指標コンセンサスは

22:00 米4月住宅価格指数=市場予想改善
22:00 米4月S&Pケースシラー住宅価格指数=市場予想改善

2019-06-25 21:18 from 若松浩幸

戻りからの売りで待機しています。

2019-06-25 21:27 from 若松浩幸

動意薄です。何か動くきっかけが欲しいです。

2019-06-25 21:38 from 若松浩幸

サポートライン下抜けの扱いは通常通りの教科書

売りの利食いライン=136.12-136.19(サポートライン)の攻防です。
完全に下抜けた場合は、サポートラインがレジスタンスに変化。同ラインを上値目処とした順張り売りに変化します。
反対サポートした場合は20:30値=136.38~売りポイント=136.49間での売りとなります。

2019-06-25 22:01 from 若松浩幸

ネクストサポート(完全に下抜けた場合)

8時間値サポート(2)=135.89
8時間値サポート(2')=135.67

2019-06-25 22:02 from 若松浩幸

米住宅価格指数と米S&Pケースシラー住宅価格指数は共に改善ですが反応無しです。

2019-06-25 22:03 from 若松浩幸

売り
136.19(S)しました

2019-06-25 22:11 from 若松浩幸

136.19(S)⇒136.09利確10P

2019-06-25 22:32 from 若松浩幸

米指標コンセンサスは

23:00 米6月リッチモンド連銀製造業指数=市場予想悪化
23:00 米5月新築住宅販売件数=市場予想改善
23:00 米6月消費者信頼感指数=市場予想悪化

※指標優先順位 消費者信頼感指数>リッチモンド連銀製造業指数>新築住宅販売件数

2019-06-25 22:44 from 若松浩幸

反発する様で有れば戻り136.34-136.48戻り売りから入ります。

2019-06-25 22:53 from 若松浩幸

まもなく指標です

2019-06-25 22:54 from 若松浩幸

今日は曲者の動きです。ユーロポンドの動きを注視。0.8915まで行って来いになれば、ポンドも行って来いです。

2019-06-25 22:56 from 若松浩幸

136.12-136.19(サポートライン)完全下抜けです。

2019-06-25 23:08 from 若松浩幸

安値売りで入るか?見極めます。

2019-06-25 23:08 from 若松浩幸

売り
135.95(S)しました

2019-06-25 23:20 from 若松浩幸

135.95(S)⇒135.81利確14P

2019-06-25 23:22 from 若松浩幸

売り直しで入ります。

2019-06-25 23:23 from 若松浩幸

売り直し
136.10(S)しました

2019-06-25 23:54 from 若松浩幸

FIX狙いです

2019-06-25 23:54 from 若松浩幸

追加
136.07(S)しました

2019-06-25 23:56 from 若松浩幸

手仕舞って終了です。
136.10(S)⇒135.96利確14P
136.07(S)⇒135.96利確11P

2019-06-26 00:07 from 若松浩幸

ストップを設定して引っ張るか?考えましたが、利食いを入れて終了すると本日プラスで終了になるので利食いを入れました。
皆様、お疲れ様です。本日はこれで終了致します。では、お先に失礼します。

2019-06-26 00:11 from 若松浩幸

本日、Wストップで▲93Pを失いましたが最終的には+20P。結構キツイトレードになっています。
現在はユーロポンドでのユーロ買いポンド売りとなっています。
おやすみなさい

2019-06-26 00:14 from 若松浩幸

皆様、おはようございます。
まもなく5時55分までの最新データを元にアルゴリズム解析に入ります。
解析が終了次第、TOKYO-strategy(2019.6.26)をアップしますので暫くお待ち下さい。

2019-06-26 04:59 from 若松浩幸

コメントの投稿
非公開コメント



今日の記事やトレードは良かったと思われた方、若松浩幸のブログの応援をお願いします
下記のバナーをクリックして頂けると1票が投じられます。1日1回よろしくお願いします

arrow42-011arrow42-011arrow42-011     arrow42-011arrow42-011arrow42-011
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
 

Hiroyuki.Wakamatsu 2011-2019(2028) aa232 All Rights Reserved.
トラックバック
この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。 転載を希望される方はお問い合わせ下さい 

PAGE TOP