ポンド円:NY-strategy(2019.4.1) - FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx

ポンド円:NY-strategy(2019.4.1) - FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx

ポンド円:NY-strategy(2019.4.1)

logo333NY-b-48.jpg

FX為替トレード:NY-strategy(2019.4.1)

アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(21:30~05:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中21:30と22:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。

[21:30現在アルゴリズム解析です]
◆146.09-145.01【↑】買い
《買いポイント》[1]145.37 [2]145.19
《利食いポイント》145.73-145.82

※買いサイン継続です。
※トレンド指数は4ブロック時間軸全て買いとなっています。波動は右肩下がりからフラットに。買いサインの終盤から売りへの転換点となっています。
※NY時間は買いから参入を致します。同時に波動フラットに付きレジスタンスからの逆張りも視野に入れます。
※NY時間の指標等は
21:30 米2月小売売上高
22:45 米3月製造業PMI[確報]
23:00 米3月ISM製造業景況指数
23:00 米3月ISM支払価格
23:00 米2月建設支出
23:00 米1月企業在庫
(時間未定) 英下院、首相離脱案の代案を巡り支持動向を探る拘束力のない投票を再実施

2019.4.1ポンド円LONDON-Summary

ユーロポンドでのユーロ売りポンド買い継続

・東京時間10時からのユーロポンドでのユーロ売りポンド買いが継続。更に 英製造業PMIが市場予想を上回った事も下支えとなり、ポンドドルは1.3103まで、ポンド円は145.43まで上昇。一方でドル円はダウ先物や日経先物が上昇幅を縮小した事で円買いが入り110.95まで下落となっています。

[売買結果] [本日 3P  4月累計 3P]
145.12(L)⇒145.21利確9P
145.28(L)⇒145.21利確▲7P
145.06(L)⇒145.12利確6P
145.13(L)⇒145.12利確▲1P
145.28(L)⇒145.24利確▲4P  2019-04-01 17:38
144.77(S)保有(長短両用ポジ)


[data条件等]
※このTOKYO-strategyの解析はwonderfx alogorithm&quants 12.0.4になります。
※strategyの対象時間帯は22:30~06:55となります。
※途中アルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、NY-straregyはアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このNY-straregyにより生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
(2019.4.1規定)
commentinfo4.jpg

米2月小売売上高
22:45 米3月製造業PMI[確報]
23:00 米3月ISM製造業景況指数
23:00 米3月ISM支払価格
23:00 米2月建設支出
23:00 米1月企業在庫
(時間未定) 英下院、首相離脱案の代案を巡り支持動向を探る拘束力のない投票を再実施


今日の記事やトレードは良かったと思われた方、若松浩幸のブログの応援をお願いします
下記のバナーをクリックして頂けると1票が投じられます。1日1回よろしくお願いします

arrow42-011arrow42-011arrow42-011     arrow42-011arrow42-011arrow42-011
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
 

皆様、お疲れ様です。
波動がフラット化して来ていますので転換に注意です。ポイントは145.01がサポートしている間は買いサインです。引き続き、NY州時間もよろしくお願いします。

2019-04-01 20:38 from 若松 浩幸

米指標コンセンサスは

21:30 米2月小売売上高=市場予想改善
21:30 米2月小売売上高(除自動車)=市場予想悪化

2019-04-01 20:41 from 若松 浩幸

下押しからの買いで待機です。

2019-04-01 20:41 from 若松 浩幸

ポンド高値圏を維持。指標から入ります。

2019-04-01 21:13 from 若松 浩幸

米小売売上高下振れでドル売りです。逆張りの売りも視野に入れます。

2019-04-01 21:32 from 若松 浩幸

指標で瞬間振れましたが、その後は定位置で揉み合いです。

2019-04-01 21:37 from 若松 浩幸

売りです
145.42(S)しました(買いサイン中の逆張りなのでストップを146.09に設定)

2019-04-01 21:43 from 若松 浩幸

追加
145.50(S)しました

2019-04-01 21:56 from 若松 浩幸

米指標コンセンサスは

23:00 米3月ISM製造業景況指数=市場予想改善
23:00 米3月ISM支払価格=市場予想改善
23:00 米2月建設支出=市場予想悪化
23:00 米1月企業在庫=市場予想悪化
※指標優先順位 ISM製造業景況指数>建設支出>ISM支払価格>企業在庫

2019-04-01 22:01 from 若松 浩幸

揉み合いが続く様で有れば手仕舞いです。

2019-04-01 22:01 from 若松 浩幸

手仕舞いです
145.50(S)⇒145.39利確11P
145.42(S)⇒145.39利確3P

2019-04-01 22:06 from 若松 浩幸

再参入を見極めます。

2019-04-01 22:07 from 若松 浩幸

揉み合い。売りも買いも入れない動きです。揉み合い抜けを待ちます。

2019-04-01 22:43 from 若松 浩幸

ISM製造業景況指数改善でドル買いです。

2019-04-01 23:01 from 若松 浩幸

指標で跳ねた後は揉み合い。なかなか入れない動き。じっくり行きます。

2019-04-01 23:14 from 若松 浩幸

ドル買いの綱引きになっています。

2019-04-01 23:26 from 若松 浩幸

レジスタンス上抜けの扱いは通常通りの教科書

買いの利食いライン=145.73-145.82(レジスタンスライン)の攻防です。
完全に上抜けた場合は、レジスタンスがサポートに変化。同ラインを下値目処とした押し目買いに変化します。
反対レジスタンスした場合は20:30値=145.52~買ポイント=145.37間での買いとなります。

2019-04-01 23:38 from 若松 浩幸

ネクストレジスタンス(上抜けした場合)

8時間値レジスタンス(2')=146.37
8時間値レジスタンス(2)=146.09

2019-04-01 23:39 from 若松 浩幸

基本は教科書通りなのですが、週初の高値買いは気が進まないです。

2019-04-01 23:46 from 若松 浩幸

レジスタンスライン上抜けです。

2019-04-01 23:53 from 若松 浩幸

売り
146.23(S)しました(買いサイン中の逆張りなのでストップを146.43に設定)

2019-04-02 00:00 from 若松 浩幸

月初、FIXに絡んだユーロポンドでのユーロ売りポンド買いです。

2019-04-02 00:01 from 若松 浩幸

FIXの上昇、いい感じです。現在は8時間値レジスタンス(2')=146.37がレジスタンスで買い一巡の様な気もしますが、ブレクジットのヘンドライン次第では解らないです。
146.23(S)はリミット145.52に設定しています。
皆様、お疲れ様です。本日はこれで終了致します。では、お先に失礼します。

2019-04-02 00:09 from 若松 浩幸

皆様、おはようございます。
まもなく5時55分までの最新データを元にアルゴリズム解析に入ります。
解析が終了次第、TOKYO-strategy(2019.4.2)をアップしますので暫くお待ち下さい。

2019-04-02 04:58 from 若松 浩幸

コメントの投稿
非公開コメント



今日の記事やトレードは良かったと思われた方、若松浩幸のブログの応援をお願いします
下記のバナーをクリックして頂けると1票が投じられます。1日1回よろしくお願いします

arrow42-011arrow42-011arrow42-011     arrow42-011arrow42-011arrow42-011
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
 

Hiroyuki.Wakamatsu 2011-2019(2028) aa232 All Rights Reserved.
トラックバック
この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。 転載を希望される方はお問い合わせ下さい 

PAGE TOP