2014年09月アーカイブ|FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx

2014年09月の記事一覧

ポンド円、ドル円、ユーロ円、ポンドドル、ユーロドルの「トレード戦略」と「リアルタイムトレード」を公開。初心者向け基礎知識と基本の教科書売買を提供。

FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx

月別アーカイブ:2014年09月

  • 2014/09/30NY市場予想(21:30現在)

    NY-strategy Part1 NY直前情報(2014.9.30)アルゴリズム解析でポンド円のNY時間(21:30~05:00)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 ◆178.57-176.96【↑↓】レンジレンジ両サイドからの攻め(売り編)《売りポイント》[1]178.00《利食いポイント》177.36-177.53レンジ両サイドからの攻め(買い編)《買いポイント》[1]177.53《利食いポイント》178.00-178.1...

    記事を読む

  • 2014/09/30再考は最高!

    本日の再考(2014.9.30)編欧州中盤(18時)に再度、方向性を確かめる事は重要な事です。18時現在の方向性(値幅)とサポート&レジスタンス、そしてポンド円LONDON-Summary(18時)をご案内します。◆178.53-177.29【↑↓】 レジスタンス②178.59 レジスタンス①178.19 9/30高値178.14 18時00分現在177.89 9/30安値177.43 サポート①177.39 サポート②176.992014.9.30ポンド円LONDON-Summary(18時)=米10年債権利回り上昇からの円売りで、...

    記事を読む

  • 2014/09/30algorithm analysis

    algorithm analysis欧州戦略(2014.9.30)ドル円・ポンドドル・ユーロ円・ユーロドルの4通貨をアルゴリズム&クオンツ解析を行い、欧州時間(15:00~21:30)の売買ポイント、ターゲット、ストップ設定をご案内します。ドル円※アルゴリズムで短期乖離が大きいのでポイント値の提示は有りません。《現行水準》 2014.9.30_15:00現在 109.38ポンドドル《買いポイント》1.6239-1.6249《ストップ》1.6216《ターゲット》1.6282-1.6292《現行...

    記事を読む

  • 2014/09/30欧州市場予想

    LONDON-strategy(2014.9.30)アルゴリズム解析でポンド円の欧州時間(15:00~21:30)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(TOKYO-Summary)をご案内しています。 ◆178.66-176.93【↑↓】レンジレンジ両サイドからの攻め(売り編)《売りポイント》[1]178.06《利食いポイント》177.40-177.50レンジ両サイドからの攻め(買い編)《買いポイント》[1]177.50《利食いポイント》178.06-178.14※レンジサイン...

    記事を読む

NY-strategy Part1 NY直前情報(2014.9.30)

tinytags (3)

NY-strategy Part1 NY直前情報(2014.9.30)

アルゴリズム解析でポンド円のNY時間(21:30~05:00)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。

◆178.57-176.96【↑↓】レンジ
レンジ両サイドからの攻め(売り編)
《売りポイント》[1]178.00
《利食いポイント》177.36-177.53
レンジ両サイドからの攻め(買い編)
《買いポイント》[1]177.53
《利食いポイント》178.00-178.17

※レンジサイン継続です。
※トレンド指数は4ブロック時間軸全てレンジとなっています。波動はゼロ地点フラットで方向性の模索となっています。
※NY時間はレンジ両サイドからの攻め(逆張り)で参入を致します。レンジ(177.26-178.26)の何れかを抜けた段階でレンジ終了から順張りに変更となります。
※NY時間は米指標から長期金利に連動しての展開を想定しています。月末、期末のフローの注意です。
22:00 米9月ミルウォーキー購買部協会景気指数=市場予想改善
22:00 米7月S&Pケースシラー住宅価格指数=市場予想改善
22:45 米9月シカゴ購買部協会景気指数=市場予想悪化
23:00 米9月消費者信頼感指数=市場予想改善
※NYがオープンして22:30現在のデータで更に再考をしますので、上記は NY直前情報となります。
2014.9.30_21:34現在

2014.9.30ポンド円LONDON-Summary=ポンド買い失速とドル全面高

米10年債権利回り上昇からの円売りで、ドル円は109.42まで上昇。一方でポンドドルは英GDPを控えた調整的なポンド買い戻しが先行して1.6286まで上昇。ポンド円は双方の上昇に連動して178.05まで上昇。その後、英指標を控えてポンドドルは1.6265を挟んで、ポンド円は177.95を挟んで揉み合い。
英GDPが市場予想を上回るとポンド買いから、ポンドドルは1.6274まで、ポンド円は178.08まで上昇。しかし、同時の発表された経常収支が予想より赤字幅を拡大した事で、ポンドドルは1.62540まで、ポンド円は177.81まで失速。
17:30過ぎから米10年債権利回りが上昇すると、ドル円は109.82まで上昇。一方でポンドドルも利回り上昇からのドル買いが進行した事で1.6163まで下落幅を拡大。このドル買いの綱引きの影響でポンド円は178.10まで再上昇後に177.33まで反落となっています。

2014.9.30英国指標

英4-6月期GDP 前期比+0.9%、前年比+3.2%(予想 前期比+0.8%、前年比+3.2%)
英4-6月期経常収支 231億ポンドの赤字(予想 180億ポンドの赤字)
英4-6月期総合事業投資 前期比+3.3%、前年比+11.0%(1-3月期 前期比+5.0%、前年比+10.6%)
英7月サービス業指数(対3ヵ月比) +1.0%(6月 +1.0%)

[売買結果][本日 116P  9月累計 3405P]
177.69(S)⇒177.46利確23P
177.94(S)⇒177.80利確14P
178.01(S)⇒177.90利確11P
177.93(S)⇒177.90利確3P
178.01(S)⇒177.93利確8P
177.96(S)⇒177.93利確3P
178.09(S)⇒177.94利確15P
178.01(S)⇒177.94利確7P
178.09(S)⇒177.85利確24P
178.08(S)⇒177.85利確23P
177.68(S)⇒177.85利確▲17P
177.58(S)⇒177.85利確▲27P
177.94(S)⇒177.83利確11P
177.97(S)⇒177.87利確10P
177.92(S)⇒177.87利確5P  2014-09-30 17:56
170.47(S)保有
170.37(S)保有
175.13(S)保有
175.11(S)保有
※2014年9月29日終値(177.81)で計算すると、「含み損」は2016Pとなっています損切りに関しては、随時コメント欄に記載します
現在、新規ポジション構築時と保有ポジションの決済に関する方向性をご案内しています。
表記は
[スキャ(基本1~60分)][デイ(基本1~8時間)][スイング(基本1日以上)]等になります。
また、リスクを最小限に抑える事を目的に、保有したポジションが30分を超える場合に全てストップ値を設定して表示をしています。更に逆張りで参入した場合はリスクを考慮して30分を越えなくともストップ値を設定する場合も有ります。ストップ値は保有ポジションの右側に記載されます。

【data条件等 】
※このNY-straregy Part1の解析は wonderFX alogorithm&quants 9.00版 になります。
※strategyの対象時間帯は21:30~05:55となります。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、NY-straregy Part1はアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このNY-straregy Part1により生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
(2014.5.29規)
commentinfo4.jpg
タグ

ポンド買い失速=本日の再考(2014.9.30)編

s2250.png

本日の再考(2014.9.30)編

欧州中盤(18時)に再度、方向性を確かめる事は重要な事です。18時現在の方向性(値幅)とサポート&レジスタンス、そしてポンド円LONDON-Summary(18時)をご案内します。

◆178.53-177.29【↑↓】
 レジスタンス②178.59
 レジスタンス①178.19
 9/30高値178.14
 18時00分現在177.89
 9/30安値177.43
 サポート①177.39
 サポート②176.99


2014.9.30ポンド円LONDON-Summary(18時)=

米10年債権利回り上昇からの円売りで、ドル円は109.42まで上昇。一方でポンドドルは英GDPを控えた調整的なポンド買い戻しが先行して1.6286まで上昇。ポンド円は双方の上昇に連動して178.05まで上昇。その後、英指標を控えてポンドドルは1.6265を挟んで、ポンド円は177.95を挟んで揉み合い。
英GDPが市場予想を上回るとポンド買いから、ポンドドルは1.6274まで、ポンド円は178.08まで上昇。しかし、同時の発表された経常収支が予想より赤字幅を拡大した事で、ポンドドルは1.6206まで、ポンド円は177.56まで失速。一方で17:30過ぎから米10年債権利回りが上昇すると、ドル円は109.58まで上昇。

2014.9.30英国指標

英4-6月期GDP 前期比+0.9%、前年比+3.2%(予想 前期比+0.8%、前年比+3.2%)
英4-6月期経常収支 231億ポンドの赤字(予想 180億ポンドの赤字)
英4-6月期総合事業投資 前期比+3.3%、前年比+11.0%(1-3月期 前期比+5.0%、前年比+10.6%)
英7月サービス業指数(対3ヵ月比) +1.0%(6月 +1.0%)

※このアルゴリズム解析は欧州15時から現時点までの最新データを基に再考して表記しています。トレード戦略に関してはリアルタイムトレド(LONDON-strategy)版を参照願います。
カテゴリ
タグ

algorithm analysis欧州戦略(2014.9.30)

B40-6-1.jpg

algorithm analysis欧州戦略(2014.9.30)

ドル円・ポンドドル・ユーロ円・ユーロドルの4通貨をアルゴリズム&クオンツ解析を行い、欧州時間(15:00~21:30)の売買ポイント、ターゲット、ストップ設定をご案内します。

ドル円

※アルゴリズムで短期乖離が大きいのでポイント値の提示は有りません。
《現行水準》 2014.9.30_15:00現在 109.38

ポンドドル

《買いポイント》1.6239-1.6249
《ストップ》1.6216
《ターゲット》1.6282-1.6292
《現行水準》 2014.9.30_15:00現在 1.6257

ユーロ円

《売りポイント》138.85-138.95
《ストップ》139.10
《ターゲット》138.49-138.59
《現行水準》 2014.9.30_15:00現在 138.76

ユーロドル

※アルゴリズムで短期乖離が大きいのでポイント値の提示は有りません。
《現行水準》 2014.9.30_15:00現在 1.2688

【data条件等】
※このalogorithm analysisはβⅡ版になります。
※strategyの対象時間帯は15:00~21:30。
掲載は不定期になります。通常のLONDON-strategy、the指値man(欧州版)Update後のリアルタイムトレードに時間的余裕がある場合にアルゴリズム解析データからご案内を致してます。
※本algorithm analysisはアルゴリズム解析の内容をお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このalgorithm analysisにより生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。
(2014.5.29規定)
40-6-1.jpg
カテゴリ
タグ

LONDON-strategy(2014.9.30)

tinytags (1)

LONDON-strategy(2014.9.30)

アルゴリズム解析でポンド円の欧州時間(15:00~21:30)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(TOKYO-Summary)をご案内しています。

◆178.66-176.93【↑↓】レンジ
レンジ両サイドからの攻め(売り編)
《売りポイント》[1]178.06
《利食いポイント》177.40-177.50
レンジ両サイドからの攻め(買い編)
《買いポイント》[1]177.50
《利食いポイント》178.06-178.14

※レンジサインに継続です。
※トレンド指数は(8h・16h値)微弱の買い、(24h・32h値)レンジとなっています。波動はほぼゼロ地点フラットで方向性の模索となっています。
※欧州時間はレンジ両サイドからの攻め(逆張り)で参入を致します。レンジ(177.26-178.33)の何れかを抜けた段階でレンジ終了から順張りに変更となります。
※欧州時間の英国指標は
17:30 英4-6月期GDP統計
17:30 英7月サービス業指数
17:30 英4-6月期経常収支
17:30 英4-6月期総合事業投資
2014.9.30_15:07現在

2014.9.30ポンド円TOKYO-Summary=後場、日経平均の下落幅縮小から下値を切り上げる

日経平均大幅下落や月末、期末に絡んだ実需(輸出)の円買いで、ドル円は109.18まで、ポンド円は177.43まで下落。一方でポンドドルはドル円の対ドル売りが進行した影響で1.6266まで上昇。
その後、日経平均の下落幅縮小や米10年債権利回り上昇からの円売り、ドル買いで、ドル円は109.37まで、ポンド円は177.83まで下値を切り上げています。

[売買結果][本日 26P  9月累計 3315P]
177.69(S)⇒177.46利確23P
177.58(S)保有
177.68(S)保有
170.47(S)保有
170.37(S)保有
175.13(S)保有
175.11(S)保有
※2014年9月29日終値(177.81)で計算すると、「含み損」は2016Pとなっています損切りに関しては、随時コメント欄に記載します
現在、新規ポジション構築時と保有ポジションの決済に関する方向性をご案内しています。
表記は
[スキャ(基本1~60分)][デイ(基本1~8時間)][スイング(基本1日以上)]等になります。
また、リスクを最小限に抑える事を目的に、保有したポジションが30分を超える場合に全てストップ値を設定して表示をしています。更に逆張りで参入した場合はリスクを考慮して30分を越えなくともストップ値を設定する場合も有ります。ストップ値は保有ポジションの右側に記載されます。

【data条件等 】
※このLONDON-strategyの解析は wonderFX alogorithm&quants 9.00版 になります。
※strategyの対象時間帯は15:00~21:30となります。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、LONDON-strategyはアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このLONDON-strategyにより生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
(2014.5.29規定)
commentinfo4.jpg
カテゴリ
タグ
©2011-2020 FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx All Rights Reserved.

この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。 転載を希望される方はお問い合わせ下さい