2014年04月アーカイブ|FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx

2014年04月の記事一覧

ポンド円、ドル円、ユーロ円、ポンドドル、ユーロドルのストラテジーを東京市場、欧州市場、NY市場でご案内。更にリアルタイムトレードとその解説を公開。

FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx

月別アーカイブ:2014年04月

  • 2014/04/30NY市場予想(22:30現在)

    NY-strategy NY Part2 ◆173.37-171.44【↑↓】レンジ《売りポイント》[1]172.70 [2]172.76 《利食いポイント》171.94-171.96※レンジサインに転換しています。※トレンド指数は(8h16h値)微弱の買い、24時間値レンジ、32時間値微弱の売りとなっています。波動は右肩上がりで売りが継続しています。※NY時間は売りから参入を致します。※FOMCを控えていますので、指標(GDP悪化)も動きは限定的です。この後のシカゴPMIも指標での動...

    記事を読む

  • 2014/04/30再考は最高!

    LONDONが始まって数時間が経過、何だか方向性が解らなくなって来たここは再考だぁ!LONDON中盤から朝のNY、ポンド円の羅針盤・・・◆172.91-171.38【↓】 レジスタンス②173.35 レジスタンス①172.86 4/30高値172.71 18時00分現在172.33 4/30安値171.92 サポート①171.90 サポート②171.41※4月30日ポンド円LONDON-Summary=展望レポートを受けて早期追加緩和観測が後退して円買いが進行。ドル円は102.28まで、ポンド円は171.92ま...

    記事を読む

  • 2014/04/30algorithm analysis

    未来を発見する分岐点algorithm analysis欧州戦略(2014.4.30)(15:00~21:30)ドル円《売りポイント》102.49-102.59《ストップ》102.73《ターゲット》102.16-102.26《現行水準》 2014.4.30_15:00現在 102.37ポンドドル《売りポイント》1.6817-1.6827《ストップ》1.6847《ターゲット》1.6777-1.6787《現行水準》 2014.4.30_15:00現在 1.6810ユーロ円《売りポイント》141.45-141.55《ストップ》141.73《ターゲット》141.06-...

    記事を読む

  • 2014/04/30the指値man

    the指値man(version3)とは・・・PCの前に常時いられない。そんな人の為の利益優先の指値アルゴリズム解析になります。アルゴリズムの基礎解析で先ずは指値での利益優先の最適な値幅を過去6年間の移動値と直近75日間のリアル変化値から「22Pips」と割り出しました。そして利益優先のポイントを指値から22Pipsの設定。①先ずは1/2を《22Pips利食いポイント》で利食いを入れてます ここまでは以前と同様(ルール改良点)《22Pips利食...

    記事を読む

NY-strategy Part22014.4.30)

tinytags (3)
NY-strategy NY Part2
◆173.37-171.44【↑↓】レンジ
《売りポイント》[1]172.70 [2]172.76
《利食いポイント》171.94-171.96

※レンジサインに転換しています。
※トレンド指数は(8h16h値)微弱の買い、24時間値レンジ、32時間値微弱の売りとなっています。波動は右肩上がりで売りが継続しています。
※NY時間は売りから参入を致します。
※FOMCを控えていますので、指標(GDP悪化)も動きは限定的です。この後のシカゴPMIも指標での動きが同様になる事も考えられます。小幅でも確実に利益を積み重ねて行った方が良さそうです。
2014.4.30_21:36現在

※4月30日ポンド円LONDON-Summary=展望レポートを受けて早期追加緩和観測が後退も黒田総裁の会見でショートカバー
展望レポートを受けて早期追加緩和観測が後退して円買いが進行。ドル円は102.28まで、ポンド円は171.92まで下落( 15:15)。その後、黒田日銀総裁の会見で「リスク要因を点検して必要なら現行の量的緩和策を躊躇無く調整する」との発言から円売り戻しが入り、更に日経ナイトセッションが底固く推移している事からショートカバーが進み、ドル円は102.60まで、ポンド円は172.58まで上昇(19:30)。一方でポンドドルは東京下落後から1.6810を挟んで揉み合いの後、168.33まで上昇となっています。

[売買結果][本日112P 4月累計 2466P]
172.56(S)⇒172.54利確2P
172.09(S)⇒171.96利確13P
172.27(S)⇒172.17利確10P
172.40(S)⇒172.29利確11P
172.34(S)⇒172.32利確2P
172.31(S)⇒172.32利確▲1P
172.42(S)⇒172.31利確11P
171.62(S)⇒171.58利確4P
172.43(S)⇒172.21利確22P
172.40(S)⇒172.21利確19P
172.30(S)⇒172.24利確6P
172.26(S)⇒172.24利確2P
172.48(S)⇒172.37利確11P[ 2014/04/30 22:03 ]
172.88(S)保有
170.53(S)保有
170.43(S)保有
170.21(S)保有
現在、新規ポジション構築時と保有ポジションの決済に関する方向性をご案内しています。
表記は
[スキャ(基本1~60分)][デイ(基本1~8時間)][スイング(基本1日以上)]等になります。
また、リスクを最小限に抑える事を目的に、保有したポジションが30分を超える場合に全てストップ値を設定して表示をしています。更に逆張りで参入した場合はリスクを考慮して30分を越えなくともストップ値を設定する場合も有ります。ストップ値は保有ポジションの右側に記載されます。


【data条件等 】
※このNY-straregy Part2の解析は wonderFX alogorithm&quants 8.02版 になります。
※strategyの対象時間帯は22:30~05:55となります。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、NY-straregy Part2はアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このNY-straregy Part2 により生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
※ご意見、ご質問、ご要望が有りましたら、コメント欄に書き込みをお願いします。
(2012.5.17規定)

commentinfo4.jpg
タグ

展望レポートを受けて早期追加緩和観測が後退も黒田総裁の会見でショートカバー=本日の再考4月30日編

s2250.png
LONDONが始まって数時間が経過、何だか方向性が解らなくなって来た
ここは再考だぁ!
LONDON中盤から朝のNY、ポンド円の羅針盤・・・



◆172.91-171.38【↓】
 レジスタンス②173.35
 レジスタンス①172.86
 4/30高値172.71
 18時00分現在172.33
 4/30安値171.92
 サポート①171.90
 サポート②171.41

※4月30日ポンド円LONDON-Summary=
展望レポートを受けて早期追加緩和観測が後退して円買いが進行。ドル円は102.28まで、ポンド円は171.92まで下落( 15:15)。その後、黒田日銀総裁の会見で「リスク要因を点検して必要なら現行の量的緩和策を躊躇無く調整する」との発言から円売り戻しが入り、ドル円は102.53まで、ポンド円は172.40まで上昇(17:25)。一方でポンドドルは東京下落後から1.6810を挟んで揉み合いとなっています。

※このアルゴリズム解析は6時~15時プラス15時から現時点までの最新データを基に再考して表記しています。トレード戦略に関してはリアルタイムトレド(LONDON-strategy)版を参照願います。
カテゴリ
タグ

algorithm analysis欧州戦略(2014.4.30)

未来を発見する分岐点
B40-6.png

algorithm analysis欧州戦略(2014.4.30)
(15:00~21:30)

ドル円
《売りポイント》102.49-102.59
《ストップ》102.73
《ターゲット》102.16-102.26
《現行水準》 2014.4.30_15:00現在 102.37

ポンドドル
《売りポイント》1.6817-1.6827
《ストップ》1.6847
《ターゲット》1.6777-1.6787
《現行水準》 2014.4.30_15:00現在 1.6810

ユーロ円
《売りポイント》141.45-141.55
《ストップ》141.73
《ターゲット》141.06-141.16
《現行水準》 2014.4.30_15:00現在 141.26

ユーロドル
《売りポイント》1.3808-1.3818
《ストップ》1.3838
《ターゲット》1.3774-1.3784
《現行水準》 2014.4.30_15:00現在 1.3798

【data条件等】
※このalogorithm analysisはβ版になります。
※strategyの対象時間帯は15:00~21:30。
掲載は不定期になります。通常のLONDON-strategy、the指値man(欧州版)Update後のリアルタイムトレードに時間的余裕がある場合にアルゴリズム解析データからご案内を致してます。
※本algorithm analysisはアルゴリズム解析の内容をお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このalgorithm analysisにより生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。
※ご意見、ご質問、ご要望が有りましたら、コメント欄に書き込みをお願いします。
※尚、このブログの主内容はアルゴリズム解析によるstrategyとリアルタイム取引となっていますので、主内容に障害が出た時は企画を打ち切る事が有りますので、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。
(2012.11.11規定)

40-6.png

カテゴリ
タグ

№1197_2014年4月30日the指値man(欧州版

thesasineman3S

the指値man(version3)とは・・・
PCの前に常時いられない。そんな人の為の利益優先の指値アルゴリズム解析になります。
アルゴリズムの基礎解析で先ずは指値での利益優先の最適な値幅を過去6年間の移動値と直近75日間のリアル変化値から「22Pips」と割り出しました。
そして利益優先のポイントを指値から22Pipsの設定。①先ずは1/2を《22Pips利食いポイント》で利食いを入れてます

ここまでは以前と同様
(ルール改良点)
《22Pips利食いポイント》で利食いが入りましたら、残り1/2のポジションの《ストップ》を建値に変更致します。そして②残り1/2を《最終利食いポイント》まで引っ張る戦略になります。(2013.3.11改定)




thesasinemanyoko1.jpg
タイトル:№1197_2014年4月30日the指値man(欧州版)

《売りポイント》172.57(設定時刻17:30迄)
《22Pips利食いポイント》172.35※ポジションの50%を利食いします
《最終利食いポイント》171.77(設定時刻21:00迄)※残ポジションの50%利食いします
《ストップ》173.04

【data条件等】
※リアルタイムに取引出来ない人、若しくは指値取引をメインにしている人のポイント値になっています。
※設定時刻までに指値が入らなければ中止です。
※ポジションの50%を22Pipsポイントで利確し、残ポジションを最終利食いポイントまで引っ張ります。
※ストップ値は《22Pips利食いポイント》で利食いが出来た場合は、残り1/2のポジションの《ストップ》を建値に変更します。
※設定時刻までに最終利食い指値まで到達しない場合は成行決済となります。
※Update Schedule・・・
◇the指値man(東京版)6:20~7:20
◇the指値man(欧州版)15:20~16:20
◇the指値man(NY版)21:50~22:50※不定期
※アルゴリズム解析で指値サインが出ていない場合は配信を中止します。更に特殊要因のファンダメンタルズに影響される場合も中止となりなます。

thesasinemantate1.jpg

カテゴリ
タグ
©2011-2020 FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx All Rights Reserved.

この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。 転載を希望される方はお問い合わせ下さい