2013年04月アーカイブ|FXポンド円,アルゴリズム解析によるデイトレード戦略:wonderfx

2013年04月の記事一覧

初心者向け基礎知識と基本の教科書売買を提供。ポンド円、ドル円、ユーロ円、ポンドドル、ユーロドルの「トレード戦略」と「リアルタイムトレード」を公開。

topwonderfx20201101-6.jpg

月別アーカイブ:2013年04月

  • 2013/04/04デイトレード戦略・NY(22:30現在)

    NY-strategy NY Part2◆145.90-141.02【↑】買い《買いポイント》[1]144.04 [2]143.89 《利食いポイント》144.82-144.97※買いサイン継続です。※トレンド指数は4ブロック時間軸全て買いとなっています。※NY時間は買いから参入致します。但し8時間値と24時間値が3.04倍の乖離が有り、短期的に143.04までの調整が考えられます。この点は十分に注意して下さい。2013.4.4_22:34現在※4月4日ポンド円LONDON-Summary= 黒田日銀総裁会見...

    記事を読む

  • 2013/04/04デイトレード戦略・NY(21:30現在)

    NY-strategy NY Part1 直前情報◆145.47-141.00【↑】買い《買いポイント》[1]143.88 [2]143.73 《利食いポイント》144.53-144.68※買いサイン継続です。※トレンド指数は4ブロック時間軸全て買いとなっています。※NY時間は買いから参入致します。但し8時間値と24時間値が3.04倍の乖離が有り、短期的に143.04までの調整が考えられます。この点は十分に注意して下さい。2013.4.4_21:52現在※4月4日ポンド円LONDON-Summary= 黒田日銀...

    記事を読む

  • 2013/04/04再考は最高!

    LONDONが始まって数時間が経過、何だか方向性が解らなくなって来たここは再考だぁ!LONDON中盤から朝のNY、ポンド円の羅針盤・・・◆145.16-140.84【↑】 レジスタンス②146.63 レジスタンス①144.70 4/4高値144.18 18時30分現在143.70 サポート①140.84 4/4安値140.37 サポート②138.91※4月4日ポンド円LONDON-Summary= 黒田日銀総裁会見で「必要なら躊躇なく調整していく」「今回の金融緩和は質、量とにもこれまでと全く次元が...

    記事を読む

  • 2013/04/04トレード戦略・欧州

    LONDON-strategy◆143.86-140.79【↑】買い《買いポイント》[1]142.27 [2]142.12《利食いポイント》143.31-143.46※買いサインに転換しています。※トレンド指数は4ブロック時間軸全て買いとなっています。※欧州時間は基本様子見。日銀金融政策会合の結果公表で、指数が大きく乖離していますので、乖離修正を待ってのトレードが理想です。強行するなら、上記ポイントからになります。※英国指標17:30 英3月非製造業PMI20:00 英中...

    記事を読む

NY-strategy Part2(2013.4.4)

tinytags (3)
NY-strategy NY Part2
◆145.90-141.02【↑】買い
《買いポイント》[1]144.04 [2]143.89
《利食いポイント》144.82-144.97
※買いサイン継続です。
※トレンド指数は4ブロック時間軸全て買いとなっています。
※NY時間は買いから参入致します。但し8時間値と24時間値が3.04倍の乖離が有り、短期的に143.04までの調整が考えられます。この点は十分に注意して下さい。
2013.4.4_22:34現在

※4月4日ポンド円LONDON-Summary= 
黒田日銀総裁会見で「必要なら躊躇なく調整していく」「今回の金融緩和は質、量とにもこれまでと全く次元が違う」と述べると、円売りが再開、ドル円は95.67、ポンド円は144.08まで再上昇。一方でポンドドルもドル円の急騰を受けてドル全面高で、1.5032まで下落。
英中銀が政策金利と資産買取プログラムを据え置くと、市場では緩和期待が有った為、ポンド買い戻しで反応。更にECBが金利を据え置いた事も、ドル売り要因となり、ポンドドルは1.5055から1.5130まで上昇すると、ポンド円も144.42まで上昇幅を広げています。(21:10現在)

※4月4日指標=
英3月非製造業PMI(購買担当者指数) 52.4(予想 51.5)

[売買結果][本日 329P 4月累計 839P]
140.89(S)⇒140.72利確17P
140.63(S)⇒140.61利確2P
141.88(S)⇒141.59利確29P
141.56(S)⇒141.59利確▲3P
142.37(S)⇒142.20利確17P
142.17(S)⇒142.20利確▲3P
142.36(S)⇒142.12利確24P
141.82(S)⇒142.12利確▲30P
142.48(S)⇒142.40利確8P
142.52(S)⇒142.35利確17P
142.26(S)⇒142.35利確▲9P
144.18(S)⇒143.55利確63P
143.84(S)⇒143.74利確10P
144.01(S)⇒143.88利確13P
144.06(S)⇒143.89利確17P
144.01(S)⇒143.80利確21P
143.91(S)⇒143.71利確20P
143.74(S)⇒143.58利確16P
143.87(S)⇒143.73利確14P
143.83(S)⇒143.72利確11P
143.93(S)⇒143.82利確11P
143.97(S)⇒143.92利確5P
144.17(S)⇒144.06利確11P
144.36(S)⇒144.26利確10P
144.30(S)⇒144.15利確15P
144.32(S)⇒144.09利確23P
(備考)
現在、新規ポジション構築時と保有ポジションの決済に関する方向性をご案内しています。
表記は
[スキャ(基本1~60分)][デイ(基本1~8時間)][スイング(基本1日以上)]等になります。
また、リスクを最小限に抑える事を目的に、保有したポジションが30分を超える場合に全てストップ値を設定して表示をしています。更に逆張りで参入した場合はリスクを考慮して30分を越えなくともストップ値を設定する場合も有ります。ストップ値は保有ポジションの右側に記載されます。

リアルタイムの取引等は▼▼▼コメント欄参照▼▼▼

NY-strategy Part1 NY直前情報(2013.4.4)

tinytags (3)
NY-strategy NY Part1 直前情報
◆145.47-141.00【↑】買い
《買いポイント》[1]143.88 [2]143.73
《利食いポイント》144.53-144.68
※買いサイン継続です。
※トレンド指数は4ブロック時間軸全て買いとなっています。
※NY時間は買いから参入致します。但し8時間値と24時間値が3.04倍の乖離が有り、短期的に143.04までの調整が考えられます。この点は十分に注意して下さい。
2013.4.4_21:52現在

※4月4日ポンド円LONDON-Summary= 
黒田日銀総裁会見で「必要なら躊躇なく調整していく」「今回の金融緩和は質、量とにもこれまでと全く次元が違う」と述べると、円売りが再開、ドル円は95.67、ポンド円は144.08まで再上昇。一方でポンドドルもドル円の急騰を受けてドル全面高で、1.5032まで下落。
英中銀が政策金利と資産買取プログラムを据え置くと、市場では緩和期待が有った為、ポンド買い戻しで反応。更にECBが金利を据え置いた事も、ドル売り要因となり、ポンドドルは1.5055から1.5130まで上昇すると、ポンド円も144.42まで上昇幅を広げています。(21:10現在)

※4月4日指標=
英3月非製造業PMI(購買担当者指数) 52.4(予想 51.5)

[売買結果][本日 329P 4月累計 839P]
140.89(S)⇒140.72利確17P
140.63(S)⇒140.61利確2P
141.88(S)⇒141.59利確29P
141.56(S)⇒141.59利確▲3P
142.37(S)⇒142.20利確17P
142.17(S)⇒142.20利確▲3P
142.36(S)⇒142.12利確24P
141.82(S)⇒142.12利確▲30P
142.48(S)⇒142.40利確8P
142.52(S)⇒142.35利確17P
142.26(S)⇒142.35利確▲9P
144.18(S)⇒143.55利確63P
143.84(S)⇒143.74利確10P
144.01(S)⇒143.88利確13P
144.06(S)⇒143.89利確17P
144.01(S)⇒143.80利確21P
143.91(S)⇒143.71利確20P
143.74(S)⇒143.58利確16P
143.87(S)⇒143.73利確14P
143.83(S)⇒143.72利確11P
143.93(S)⇒143.82利確11P
143.97(S)⇒143.92利確5P
144.17(S)⇒144.06利確11P
144.36(S)⇒144.26利確10P
144.30(S)⇒144.15利確15P
144.32(S)⇒144.09利確23P
(備考)
現在、新規ポジション構築時と保有ポジションの決済に関する方向性をご案内しています。
表記は
[スキャ(基本1~60分)][デイ(基本1~8時間)][スイング(基本1日以上)]等になります。
また、リスクを最小限に抑える事を目的に、保有したポジションが30分を超える場合に全てストップ値を設定して表示をしています。更に逆張りで参入した場合はリスクを考慮して30分を越えなくともストップ値を設定する場合も有ります。ストップ値は保有ポジションの右側に記載されます。

リアルタイムの取引等は▼▼▼コメント欄参照▼▼▼

黒田サプライスでの円全面安=本日の再考4月4日編

s2250.png
LONDONが始まって数時間が経過、何だか方向性が解らなくなって来た
ここは再考だぁ!
LONDON中盤から朝のNY、ポンド円の羅針盤・・・



◆145.16-140.84【↑】
 レジスタンス②146.63
 レジスタンス①144.70
 4/4高値144.18
 18時30分現在143.70
 サポート①140.84
 4/4安値140.37
 サポート②138.91

※4月4日ポンド円LONDON-Summary= 
黒田日銀総裁会見で「必要なら躊躇なく調整していく」「今回の金融緩和は質、量とにもこれまでと全く次元が違う」と述べると、円売りが再開、ドル円は95.67、ポンド円は144.08まで再上昇。一方でポンドドルもドル円の急騰を受けてドル全面高で、1.5032まで下落。

※4月4日指標=
英3月非製造業PMI(購買担当者指数) 52.4(予想 51.5)

※このアルゴリズム解析は6時~15時プラス15時から現時点までの最新データを基に再考して表記しています。トレード戦略に関してはリアルタイムトレド(LONDON-strategy)版を参照願います。
カテゴリ
タグ

LONDON-strategy(2013.4.4)

tinytags (1)
LONDON-strategy
◆143.86-140.79【↑】買い
《買いポイント》[1]142.27 [2]142.12
《利食いポイント》143.31-143.46

※買いサインに転換しています。
※トレンド指数は4ブロック時間軸全て買いとなっています。
※欧州時間は基本様子見。日銀金融政策会合の結果公表で、指数が大きく乖離していますので、乖離修正を待ってのトレードが理想です。強行するなら、上記ポイントからになります。
※英国指標
17:30 英3月非製造業PMI
20:00 英中銀、政策金利発表
※欧州時間は英、欧の金融政策発表が続きます。トレードで参入する場合は短期&タイトストップが必須です。
※この後、黒田日銀総裁の会見が有ります。内容によっては更に大きく動く可能性が有ります。十分に注意して下さい。
2013.4.4_15:12現在

※4月4日ポンド円TOKYO-Summary=
前日NYの米指標悪化からの円買いの流れを引き継ぎ、更に日経平均が寄付きから下げ幅を拡大するとドル円は93.10から92.79、ポンド円は140.88から140.49まで売りが進むも、売りは継続せず、仲値に掛けてドル円は93.10、ポンド円は140.88までショートカバー。
その後は金融政策会合を控えて小幅に上下。
日銀金融政策会合では「量的、質的金融緩和導入」を発表すると、ドル円は94.78、ポンド円は143.12まで急騰となっています。(この価格は15時時点の価格です)

[売買結果][本日 69P 4月累計 579P]
140.89(S)⇒140.72利確17P
140.63(S)⇒140.61利確2P
141.88(S)⇒141.59利確29P
141.56(S)⇒141.59利確▲3P
142.37(S)⇒142.20利確17P
142.17(S)⇒142.20利確▲3P
142.36(S)⇒142.12利確24P
141.82(S)⇒142.12利確▲30P
142.48(S)⇒142.40利確8P
142.52(S)⇒142.35利確17P
142.26(S)⇒142.35利確▲9P
(備考)
現在、新規ポジション構築時と保有ポジションの決済に関する方向性をご案内しています。
表記は
[スキャ(基本1~60分)][デイ(基本1~8時間)][スイング(基本1日以上)]等になります。
また、リスクを最小限に抑える事を目的に、保有したポジションが30分を超える場合に全てストップ値を設定して表示をしています。更に逆張りで参入した場合はリスクを考慮して30分を越えなくともストップ値を設定する場合も有ります。ストップ値は保有ポジションの右側に記載されます。

リアルタイムの取引等は▼▼▼コメント欄参照▼▼▼
タグ
Copyright©2011-2021 FXポンド円,アルゴリズム解析によるデイトレード戦略:wonderfx All Rights Reserved.

この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。 転載を希望される方はお問い合わせ下さい