2012年09月アーカイブ|FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx

2012年09月の記事一覧

ポンド円、ドル円、ユーロ円、ポンドドル、ユーロドルの「トレード戦略」と「リアルタイムトレード」を公開。初心者向け基礎知識と基本の教科書売買を提供。

FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx

月別アーカイブ:2012年09月

  • 2012/09/30東京市場予想

    TOKYO-strategy◆126.32-125.01【↓】売り《売りポイント》[1]126.13 [2]126.23《利食いポイント》125.32-125.42※売りサイン継続です。※トレンド指数は4ブロック時間軸全て売りとなっています。しかし指数微弱で4ブロック時間軸波動はフラットでレンジです。※東京時間は売りから参入致します。※先週水曜日から125.32-126.19の1円にも満たない値幅で推移しています。方向感が有りませんので、基本的にレジスタンス(126.23)、サポ...

    記事を読む

  • 2012/09/29Week

    Week strategy(10/1-10/5)◆126.83-123.67【↓】■中期トレンド※中期トレンド(週足)は二週連続の陰線引けです。一時、一目均衡表、雲の下限を下抜けするも26週線がサポート反転して、雲の下限と転換線のサポートラインまで戻っています。トレンドラインは先週と同様で13週線、52週線は上向きでパラボリック(120.47)がロングに転換6週目となっています。来週はこの雲の下限と転換線を巡る攻防になります。両線の上抜けが定着すれ...

    記事を読む

  • 2012/09/28Trading Results

    the指値man(version2)とは・・・PCの前に常時いられない。そんな人の為の利益優先の指値アルゴリズム解析になります。アルゴリズムの基礎解析で先ずは指値での利益優先の最適な値幅を過去6年間の移動値と直近75日間のリアル変化値から「22Pips」と割り出しました。そして利益優先のポイントを指値から22Pipsの設定。①先ずは1/2を《22Pips利食いポイント》で利食いを入れて②残り1/2を《最終利食いポイント》まで引っ張る戦略にな...

    記事を読む

  • 2012/09/28NY市場予想(21:30現在)

    NY-strategy NY Part1 直前情報◆126.11-125.24【↓】売り《売りポイント》[1]125.82 [2]125.97 《利食いポイント》125.46-125.53※売りサインに転換しています。※トレンド指数は4ブロック時間軸全て売りとなっています。※NY時間は売りから参入致します。※本日は期末です。FIXに注意が必要です。2012.9.28_21:37現在※9月28日ポンド円LONDON-Summary= 序盤は前日のスペイン2013年度予算発表を受けて緩やかなユーロポンドの買いVS...

    記事を読む

【見極めの週初東京】サポート(125.42)、レジスタンス(126.23)。抜けた方に傾く=TOKYO-strategy(2012.10.1)

tinytags (2)
TOKYO-strategy
◆126.32-125.01【↓】売り
《売りポイント》[1]126.13 [2]126.23
《利食いポイント》125.32-125.42

※売りサイン継続です。
※トレンド指数は4ブロック時間軸全て売りとなっています。しかし指数微弱で4ブロック時間軸波動はフラットでレンジです。
※東京時間は売りから参入致します。
※先週水曜日から125.32-126.19の1円にも満たない値幅で推移しています。方向感が有りませんので、基本的にレジスタンス(126.23)、サポート(125.42)の何方か抜けた方に傾く可能性が高いです。このレジ&サポ内は短期トレードに徹した方が良いと考えます。
※東京時間で注意、注目するのは08:50短観と10:00 中国9月製造業PMIです。短観ではドル円の想定レートを注目し、先行きの追加緩和を見極める展開になります。中国製造業PMIは悪化に警戒です。
最新のTOKYO-strategyはオセアニアがオープンしてからのデーターを再解析し、5:45~6:15にUpdate致します
2012.9.30_16:00現在

■短期トレンド
※短期トレンド(60分足)は5時間線が75時間線を下か上に交差してゴールデンクロスを形成して、更に25時間線に接触して引けています。
トレンドラインは5時間線が上向き、25時間線と75時間線が下向き、パラボリック(125.647)はロング、しかし全ての線が「8銭」圏内に接近して揉み合い状態になっています。
東京時間はこの揉み合いから方向性を見つけ出す展開となります。

◇25時間移動平均線(125.87)
◇5時間移動平均線(125.87)
◇基準線(125.81)
◇転換線(125.81)
◇75時間移動平均線(125.80)
◇9/29 05:55(125.79)
2012.9.29_05:55現在

■短期トレンド
※短期トレンド(日足)は、陰線引けです。揉み合いから一時、21日線を下抜けするも反転上昇して、21日線、5日線を上抜けして、基準線がレジスタンスで下落、三度、21日線と5日線が接近している場所に戻っています。
トレンドラインは5日線が「下抜け」と「下向き化」、パラボリック(128.25)でショートに転換5日目です。
ここ三日間は125.32-126.19の「87銭内」での揉み合いになっています。下落調整からレンジに移行した様にみ見えます。
本日はこの激狭レンジ125.31-126.19から方向性を見つけ出す展開となります。。

◇9/18高値(128.81)※直近高値100%
◇日足一目均衡表、転換線(127.06)
◇9/18高値から7/26安値への23.6%下押し(126.91)
◇日足一目均衡表、基準線(126.24)
◇5日移動平均線(125.90)
◇21日移動平均線(125.82)
◇9/29 05:55(125.79)
◇9/18高値から7/26安値への38.2%下押し(125.75)
◇9/18高値から7/26安値への50.0%下押し(124.80)
◇75日移動平均線(124.21)
◇9/18高値から7/26安値への61.8%下押し(123.85)
◇一目均衡表雲の上限(123.54) 
◇一目均衡表雲の下限(123.30)
◇9/18高値から7/26安値への76.4%下押し(122.69)
◇7/26安値(120.80)直近安値0%
※2012年7月以降の直近安値を0%、直近高値を100%とした下押し率(ポンドの下落率)
2012.9.29_05:55現在

※9月28日ポンド円TOKTO-Summary=
序盤~仲値は日経平均が前日比+36円寄付きから、徐々に下げ始めると、ドル円は仲値を待たずに77.63から77.50まで下押し、ポンド円も125.98から125.87まで。
中盤は上海株式が寄り(前日比▲0.65%)から反転してプラス圏に入るとユーロを中心にドル売りとなり、ポンドドルも10:00(1.6232)⇒13:50(1.2615)まで値を切り上げるとポンド円も(10:25)125.87⇒13:35(126.08)まで上昇。一方でドル円はドル安進行で軟調に推移、後場に入り日経が更に大きく下げると13:15(77.55)⇒14:45(77.43)まで下押ししてポンド円も連動して13:50(126.07)⇒14:45(125.83)まで連れる形になっています。

※9月28日ポンド円LONDON-Summary= 
序盤は前日のスペイン2013年度予算発表を受けて緩やかなユーロポンドの買いVSドル円での円売り継続でポンド円は小幅の往来相場となっています。14:45(125.83)⇒15:25(126.10)⇒16:25(125.84)
中盤はスペイン、伊の債権利回りが上昇するに連れてユーロは失速、更に週末掛けてのスペインリスクから反転してユーロの買い戻しが入り、ユーロ円派生からのドル円頭打ちからの小幅下落と、ポンドドル下落の継続から、ポンド円も125.95付近から125.60割れまで下落しています。

※9月28日ポンド円NY-Summary=
序盤はダウ大幅下落とシカゴPMI、更にミシガン大学消費者信頼感指数が市場予想を下回るとリスク回避のドル買いとなり、ドル円は22:20(77.65)から00:40(77.95)まで上昇。ポンドドルは22:05(1.6215)から00:25(1.6110)まで下落。ポンド円は22:30(125.95)から00:25(125.43)まで下落。
FIX以降から中盤はスペインストレステストの発表を受けて、ユンケル議長が「スペイン銀行の資本不足が600ユーロを下回り安堵」と発言が伝わると、ユーロに買い戻しが出て、ポンドドルも連れる様に上昇。00:30(16.116)から02:40(1.6162)まで。ドル円はNY時間からのドル買いが継続し02:55(78.09)まで上昇。
この流れでポンド円も00:25(125.43)から02:40(126.19)まで本日高値を更新しています。
後半は英国AAA格下げの可能性はフィッチから伝わり、更に英10年債権利回りも低下してポンド円は反転下落02:40(126.19)から04:25(125.70)となっています。

※9月28指標=
英9月GFK消費者信頼感 -28(予想 -28)
英7月サービス業指数 +0.1%(6月は+0.1%。)

[売買結果][昨日 116P 9月累計 3316P]
125.92(S)⇒125.65利確27P
125.88(S)⇒125.48利確40P
125.65(S)⇒125.48利確17P
125.85(S)⇒125.73利確12P
125.95(S)⇒125.75利確20P
128.69(S)【スイング】保有
127.60(S)【スイング】保有
125.95(S)保有

(備考)
現在、新規ポジション構築時と保有ポジションの決済に関する方向性をご案内しています。
表記は
【スキャ】【デイ】【スイング】等になりますのでよろしくお願いします。

リアルタイムの取引等は▼▼▼コメント欄参照▼▼▼
カテゴリ
タグ

【せめぎあい:市場の判断】(10/1-10/5)週ポンド円は調整終了それとも下値攻め本格化=Week strategy(10/1-10/5)

  • 投稿 2012/09/29
  • Week
tinytags (4)
Week strategy(10/1-10/5)
◆126.83-123.67【↓】

■中期トレンド
※中期トレンド(週足)は二週連続の陰線引けです。一時、一目均衡表、雲の下限を下抜けするも26週線がサポート反転して、雲の下限と転換線のサポートラインまで戻っています。
トレンドラインは先週と同様で13週線、52週線は上向きでパラボリック(120.47)がロングに転換6週目となっています。
来週はこの雲の下限と転換線を巡る攻防になります。両線の上抜けが定着すれば、両線を下値とした押し目買いと調整終了による下値切り上げトレンドに。
反対に完全に下抜けすると、両線を上値とした戻り売りと下値攻め再開となります。
詳細なstategyにつきましては日曜日版のUpdateをご覧下さい

◇3./21高値(133.46)※3月以降の直近高値100%
◇6/1安値から3/21高値への76.4%戻し(129.97)
◇9/19高値(128.81)
◇一目均衡表雲の上限(128.41)
◇6/1安値から3/21高値への61.8%戻し(127.82)
◇6/1安値から3/21高値への50.0%戻し(126.08)
◇基準線(125.97)
◇一目均衡表雲の下限(125.86)
◇9/29 05:55(125.79)
◇26週移動平均線(125.42)
◇転換線(124.94)
◇52週移動平均線(124.46)
◇13週移動平均線(124.37)
◇6/1安値から3/21高値への38.2%戻し(124.34)
◇6/1安値から3/21高値への23.6%戻し(122.19)
◇6/1安値(118.71)直近安値0%
※2012年3月以降の直近ポンド高値を100%、直近安値を0%とした戻し率(ポンドの反発率)
2012.9.29_05:55現在

※9月28日ポンド円TOKTO-Summary=
序盤~仲値は日経平均が前日比+36円寄付きから、徐々に下げ始めると、ドル円は仲値を待たずに77.63から77.50まで下押し、ポンド円も125.98から125.87まで。
中盤は上海株式が寄り(前日比▲0.65%)から反転してプラス圏に入るとユーロを中心にドル売りとなり、ポンドドルも10:00(1.6232)⇒13:50(1.2615)まで値を切り上げるとポンド円も(10:25)125.87⇒13:35(126.08)まで上昇。一方でドル円はドル安進行で軟調に推移、後場に入り日経が更に大きく下げると13:15(77.55)⇒14:45(77.43)まで下押ししてポンド円も連動して13:50(126.07)⇒14:45(125.83)まで連れる形になっています。

※9月28日ポンド円LONDON-Summary= 
序盤は前日のスペイン2013年度予算発表を受けて緩やかなユーロポンドの買いVSドル円での円売り継続でポンド円は小幅の往来相場となっています。14:45(125.83)⇒15:25(126.10)⇒16:25(125.84)
中盤はスペイン、伊の債権利回りが上昇するに連れてユーロは失速、更に週末掛けてのスペインリスクから反転してユーロの買い戻しが入り、ユーロ円派生からのドル円頭打ちからの小幅下落と、ポンドドル下落の継続から、ポンド円も125.95付近から125.60割れまで下落しています。

※9月28日ポンド円NY-Summary=
序盤はダウ大幅下落とシカゴPMI、更にミシガン大学消費者信頼感指数が市場予想を下回るとリスク回避のドル買いとなり、ドル円は22:20(77.65)から00:40(77.95)まで上昇。ポンドドルは22:05(1.6215)から00:25(1.6110)まで下落。ポンド円は22:30(125.95)から00:25(125.43)まで下落。
FIX以降から中盤はスペインストレステストの発表を受けて、ユンケル議長が「スペイン銀行の資本不足が600ユーロを下回り安堵」と発言が伝わると、ユーロに買い戻しが出て、ポンドドルも連れる様に上昇。00:30(16.116)から02:40(1.6162)まで。ドル円はNY時間からのドル買いが継続し02:55(78.09)まで上昇。
この流れでポンド円も00:25(125.43)から02:40(126.19)まで本日高値を更新しています。
後半は英国AAA格下げの可能性はフィッチから伝わり、更に英10年債権利回りも低下してポンド円は反転下落02:40(126.19)から04:25(125.70)となっています。

※9月28指標=
英9月GFK消費者信頼感 -28(予想 -28)
英7月サービス業指数 +0.1%(6月は+0.1%。)

[売買結果][昨日 116P 9月累計 3316P]
125.92(S)⇒125.65利確27P
125.88(S)⇒125.48利確40P
125.65(S)⇒125.48利確17P
125.85(S)⇒125.73利確12P
125.95(S)⇒125.75利確20P
128.69(S)【スイング】保有
127.60(S)【スイング】保有
125.95(S)保有

(備考)
現在、新規ポジション構築時と保有ポジションの決済に関する方向性をご案内しています。
表記は
【スキャ】【デイ】【スイング】等になりますのでよろしくお願いします。

リアルタイムの取引等は▼▼▼コメント欄参照▼▼▼
カテゴリ
タグ

№043_2012年9月28日_the指値man(NY版)

ninja.gif

the指値man(version2)とは・・・
PCの前に常時いられない。そんな人の為の利益優先の指値アルゴリズム解析になります。
アルゴリズムの基礎解析で先ずは指値での利益優先の最適な値幅を過去6年間の移動値と直近75日間のリアル変化値から「22Pips」と割り出しました。
そして利益優先のポイントを指値から22Pipsの設定。①先ずは1/2を《22Pips利食いポイント》で利食いを入れて②残り1/2を《最終利食いポイント》まで引っ張る戦略になります。





e111.pngf111.png
タイトル:№0439_2012年9月28日_the指値man(NY版)

《売りポイント》126.05(設定時刻24:30,迄)
《22Pips利食いポイント》125.83※ポジションの50%を利食いします
《最終利食いポイント》125.24(設定時刻28:00迄)※残ポジションの50%利食いします
《ストップ》126.39

【data条件等】
※リアルタイムに取引出来ない人の為のポイント値になっています。
※設定時刻までに指値が入らなければ中止です。
※ポジションの50%を22Pipsポイントで利確し、残ポジションを最終利食いポイントまで引っ張ります。
※設定時刻までに最終利食い指値まで到達しない場合は成行決済となります。
※Update Schedule・・・
◇the指値man(東京版)6:20~7:20
◇the指値man(欧州版)15:20~16:20
◇the指値man(NY版)21:50~22:50※不定期
◇the指値man(臨時版)市場間の相場現況でアルゴリズム解析にサインが出た時
但し、アルゴリズム解析で指値サインが出ない場合、流動性が大きくなった場合、特殊要因のファンダメンタルズに影響される場合は中止となりなます。
e111.png

f111.png
カテゴリ
タグ

NY-strategy Part1 NY直前情報(2012.9.28)

tinytags (3)
NY-strategy NY Part1 直前情報
◆126.11-125.24【↓】売り
《売りポイント》[1]125.82 [2]125.97
《利食いポイント》125.46-125.53

※売りサインに転換しています。
※トレンド指数は4ブロック時間軸全て売りとなっています。
※NY時間は売りから参入致します。
※本日は期末です。FIXに注意が必要です。
2012.9.28_21:37現在

※9月28日ポンド円LONDON-Summary= 
序盤は前日のスペイン2013年度予算発表を受けて緩やかなユーロポンドの買いVSドル円での円売り継続でポンド円は小幅の往来相場となっています。14:45(125.83)⇒15:25(126.10)⇒16:25(125.84)
中盤はスペイン、伊の債権利回りが上昇するに連れてユーロは失速、更に週末掛けてのスペインリスクから反転してユーロの買い戻しが入り、ユーロ円派生からのドル円頭打ちからの小幅下落と、ポンドドル下落の継続から、ポンド円も125.95付近から125.60割れまで下落しています。

※9月28指標=
英9月GFK消費者信頼感 -28(予想 -28)
英7月サービス業指数 +0.1%(6月は+0.1%。)

[売買結果][本日 27P 9月累計 3227P]
125.92(S)⇒125.65利確27P
128.69(S)【スイング】保有
127.60(S)【スイング】保有


(備考)
現在、新規ポジション構築時と保有ポジションの決済に関する方向性をご案内しています。
表記は
【スキャ】【デイ】【スイング】等になりますのでよろしくお願いします。

リアルタイムの取引等は▼▼▼コメント欄参照▼▼▼
タグ
©2011-2020 FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx All Rights Reserved.

この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。 転載を希望される方はお問い合わせ下さい