NY市場予想(21:30現在)の関連記事|FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx

NY市場予想(21:30現在)のカテゴリ記事一覧

ポンド円、ドル円、ユーロ円、ポンドドル、ユーロドルのストラテジーを東京市場、欧州市場、NY市場でご案内。更にリアルタイムトレードとその解説を公開。

FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx

カテゴリ:NY市場予想(21:30現在)

  • 2020/07/02NY市場予想(21:30現在)

    FX為替トレード:NY-strategyCES臨時版(2020.7.2)アルゴリズム解析でポンド円のNY本時間(23:30~05:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)と雇用統計結果をご案内しています◆135.19-133.68【↑↓】レンジレンジ両サイドからの攻め(売り編)《売りポイント》[1]134.71《利食いポイント》134.10-134.16レンジ両サイドからの攻め(買い編)《買いポイント》[1]134.16《利食いポイ...

    記事を読む

  • 2020/06/05NY市場予想(21:30現在)

    FX為替トレード:NY-strategyCES臨時版(2020.6.5)アルゴリズム解析でポンド円のNY本時間(23:30~05:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)と雇用統計結果をご案内しています◆139.38-137.98【↑】買い《買いポイント》[1]138.44 [2]138.25《利食いポイント》138.91-139.02※買いサイン継続です。※トレンド指数は4ブロック時間軸全て買いとなっています。波動は右肩下がりで買...

    記事を読む

  • 2020/04/03NY市場予想(21:30現在)

    FX為替トレード:NY-strategyCES臨時版(2020.4.3)アルゴリズム解析でポンド円のNY本時間(23:30~05:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)と雇用統計結果をご案内しています◆133.72-132.25【↓】売り《売りポイント》[1]133.23 [2]133.33《利食いポイント》132.62-132.74※売りサイン継続です。※トレンド指数は4ブロック時間軸全て売りとなっています。波動はフラットでサイ...

    記事を読む

  • 2020/03/09NY市場予想(21:30現在)

    FX為替トレード:NY-strategy(2020.3.9)アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(21:30~05:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中21:30と22:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。[20:30現在アルゴリズム解析です]◆134.79-132.76【↓】売り《売りポイント》[1]134.11 [2]134.53《利食いポイン...

    記事を読む

米雇用統計、マチマチ=ポンド円:NY-strategyCES臨時版(2020.7.2)

logo333NY-b-48.jpg

FX為替トレード:NY-strategyCES臨時版(2020.7.2)

アルゴリズム解析でポンド円のNY本時間(23:30~05:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)と雇用統計結果をご案内しています

◆135.19-133.68【↑↓】レンジ
レンジ両サイドからの攻め(売り編)
《売りポイント》[1]134.71
《利食いポイント》134.10-134.16
レンジ両サイドからの攻め(買い編)
《買いポイント》[1]134.16
《利食いポイント》134.71-134.77

※レンジサインに転換です。
※トレンド指数は8時間値微レンジ、(16h・24h・32h値)買いとなっています。波動は右肩下がりで買いサインです。
※NY時間はレンジ両サイドからの攻め(逆張り)で参入を致します。レンジ(134.10-134.77)の何れかを抜けた段階でレンジ終了から順張りに変更となります。
2020.7.2_22:00現在

2020.7.2ポンド円LONDON-Summary

リスク選好のドル売り・円売り

・日米株価先物の上昇を背景にリスク選好のドル売り・円売りが進行。ポンドドルは1.2527まで、ポンド円は134.64まで上昇となっています。

2020.7.2米雇用統計

米雇用統計、マチマチ

・6月の米雇用統計は非農業部門雇用者数が前月比+480万人と事前予想の+300万人より増加。失業率も 11.1%と市場予想の13.3%より改善。平均時給は前月比-1.2%、前年比+5.0%と市場予想の前月比-0.8%、前年比+5.3%と前月比で市場予想を下回る。マチマチの結果を受けて揉み合いとなっています。


[売買結果] [本日 34P  6月累計 31]
133.79(L)⇒133.91利確12P
134.67(S)⇒164.62利確5P
134.62(S)⇒164.62利確0
134.69(S)⇒164.58利確11P
134.65(S)⇒164.58利確7P 2020-07-02 21:40
133.02(S)保有
132.55(S)保有
132.44(S)保有


[data条件等]
※このNY-strategyの解析はwonderfx alogorithm&quants 13.6.2版になります。
※strategyの基本対象時間帯は22:00~05:55ですが、主に22:00~24:30をメインに設計をしています。
※この解析内容は22時00分現在のデータを基にしています。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、NY-straregyCES臨時版はアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このNY-straregyCES臨時版により生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
(2020.7.1規定)
commentinfo4.jpg
タグ

非農業部門雇用者数と失業率が想定する程、悪化しなかった事でドル買いで反応=ポンド円:NY-strategyCES臨時版(2020.6.5)

logo333NY-b-48.jpg

FX為替トレード:NY-strategyCES臨時版(2020.6.5)

アルゴリズム解析でポンド円のNY本時間(23:30~05:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)と雇用統計結果をご案内しています

◆139.38-137.98【↑】買い
《買いポイント》[1]138.44 [2]138.25
《利食いポイント》138.91-139.02

※買いサイン継続です。
※トレンド指数は4ブロック時間軸全て買いとなっています。波動は右肩下がりで買いサインです。
※NY時間は買いから参入を致します。同時に短期乖離発生から乖離修正狙いの逆張りの売りも視野に入れます。
※短期乖離が発生しています。短時間的に137.81までの修正を警戒して下さい。
2020.6.5_22:00現在

2020.6.5米雇用統計

非農業部門雇用者数と失業率が想定する程、悪化しなかった事でドル買いで反応


・5月の米雇用統計は非農業部門雇用者数が前月比+ 250.9万人と事前予想の-750万人を大きく下回る。失業率も13.3%と市場予想の19.6%を下回る。平均時給は前月比-1.0%、前年比+6.7%と市場予想の前月比+1.0%、前年比+8.5%と前月比で市場予想を下回る。非農業部門雇用者数と失業率が想定する程、悪化しなかった事でドル買いで反応しています。

[売買結果] [本日 29P  6月累計 457P]
138.45(L)⇒138.48利確3P
138.59(L)⇒138.73利確14P
138.69(S)⇒138.57利確12P 2020-06-05 21:43
137.61(S)はスイング保有(リミットを133.50、ストップを139.72に設定)
129.99(S)と129.80(S)の塩漬けになっているポジに関しては損切りをする方向で考えています


[data条件等]
※このNY-strategyの解析はwonderfx alogorithm&quants 13.5.3版になります。
※strategyの基本対象時間帯は22:00~05:55ですが、主に22:00~24:30をメインに設計をしています。
※この解析内容は22時00分現在のデータを基にしています。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、NY-straregyCES臨時版はアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このNY-straregyCES臨時版により生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
(2020.6.1規定)
commentinfo4.jpg
タグ

雇用大幅悪化も賃金改善でやや持ち直し=ポンド円:NY-strategyCES臨時版(2020.4.3)

logo333NY-b-48.jpg

FX為替トレード:NY-strategyCES臨時版(2020.4.3)

アルゴリズム解析でポンド円のNY本時間(23:30~05:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)と雇用統計結果をご案内しています

◆133.72-132.25【↓】売り
《売りポイント》[1]133.23 [2]133.33
《利食いポイント》132.62-132.74

※売りサイン継続です。
※トレンド指数は4ブロック時間軸全て売りとなっています。波動はフラットでサインの転換(この場合は売りサイン終盤からの転換)を示しています。
※NY時間は売りから参入を致します。同時に波動フラットに付きサポートラインからの逆張りも視野に入れます。
※NY時間の米国指標等は
22:45 米3月非製造業/総合PMI[確報]
23:00 米3月ISM非製造業総合指数
2020.4.3_22:00現在

2020.4.3ポンド円LONDON-Summary

有事のドル買い

・米雇用統計の大幅悪化警戒から有事のドル買い(金融資産を売ってドルを確保する動き)が活発化。ポンドドルは1.2261まで、ポンド円は132.94まで下落。一方でドル円は108.55まで上昇となっています。

2020.4.3米雇用統計

雇用大幅悪化も賃金改善でやや持ち直し

・3月の米雇用統計は非農業部門雇用者数が前月比-70.1万人と事前予想の-10.0万人を大きく上回る減少。失業率は 4.4%と市場予想の3.8%を上回る。平均時給は前月比+0.4%、前年比+3.1%と市場予想の前月比+0.2%、前年比+3.0%を上回る。市場予想を大幅に超える悪化からドル売りが進行。その後、平均時給が予想を上回る打たれ強さを示した事で下げ止まっています。


[売買結果] [本日 43P  4月累計 355P]
133.79(L)⇒133.84利確5P
133.79(S)⇒133.61利確18P
133.67(S)⇒133.47利確20P 2020-04-03 17:02


[data条件等]
※このTOKYO-strategyの解析はwonderfx alogorithm&quants 13.3.1版になります。
※strategyの基本対象時間帯は22:00~05:55ですが、主に22:00~24:30をメインに設計をしています。
※この解析内容は22時00分現在のデータを基にしています。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、NY-straregyCES臨時版はアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このNY-straregyCES臨時版により生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
(2020.4.1規定)
commentinfo4.jpg
タグ

ポンド円:NY-strategy(2020.3.9)

logo333NY-b-48.jpg

FX為替トレード:NY-strategy(2020.3.9)

アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(21:30~05:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中21:30と22:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。

[20:30現在アルゴリズム解析です]
◆134.79-132.76【↓】売り
《売りポイント》[1]134.11 [2]134.53
《利食いポイント》133.28-133.44

※売りサイン継続です。
※トレンド指数は4ブロック時間軸全て売りとなっています。波動は右肩上りで売りサインです。
※NY時間は売りから参入を致します。

2020.3.9ポンド円LONDON-Summary

英10年債権利回りが低下

・米10年債権利回り低下を背景にドル売りが進行。ドル円は107.79まで下落。一方でポンドドルは1.3200まで上昇。ポンド円は両通貨のドル売りの綱引きで134.75を挟んで揉み合い。
・英10年債権利回りが低下。ユーロポンドが買いに転換すると、ポンドドルは1.3072まで失速。ポンド円も連動し133.89まで下落となっています。

[売買結果] [本日 470P  3月累計 1211P]
135.20(S)⇒133.10利確210P
133.97(S)⇒133.82利確15P
134.60(S)⇒134.30利確30P
134.78(S)⇒134.24利確54P
134.62(S)⇒134.24利確38P
134.45(S)⇒134.24利確21P
134.88(S)⇒134.71利確17P
134.79(S)⇒134.63利確16P
134.91(S)⇒134.69利確22P
134.70(S)⇒134.69利確1P
134.89(S)⇒134.54利確35P
134.54(S)⇒134.54利確0P
134.44(S)⇒134.54利確▲10P
134.97(S)⇒135.01ストップ▲4P
134.98(S)⇒134.73利確25P 2020-03-09 17:42


[data条件等]
※このTOKYO-strategyの解析はwonderfx alogorithm&quants 13.2.4になります。
※strategyの対象時間帯は21:30~05:55となります。
※途中アルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、NY-straregyはアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このNY-straregyにより生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
(2020.3.1規定)
commentinfo4.jpg
タグ
©2011-2020 FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx All Rights Reserved.

この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。 転載を希望される方はお問い合わせ下さい