デイトレードの関連記事|テクニカル分析で読み解く,FXデイトレード戦略の教科書:wonderfx

デイトレードのカテゴリ記事一覧

初心者向け基礎知識と基本の教科書売買を提供。ポンド円、ドル円、ユーロ円、ポンドドル、ユーロドルの「トレード戦略」と「リアルタイムトレード」を公開。

topwonderfx20201101-6.jpg

カテゴリ:デイトレード

FXトレード|ポンド円|NY-strategy(2023.2.6)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
カテゴリ
タグ

FXポンド円|FXデイトレード戦略|NY-strategyCES臨時版(2023.2.3)=非農業部門雇用者数の大幅な上振れと失業率の改善を受けて米10年債権利回り上昇からドル買い

FXテクニカル分析|FXデイトレード|NY-strategyCES臨時版(2023.2.3)

logo333NY-b-48.jpg
アルゴリズム解析でポンド円のNY本時間(22:30~06:00)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)と雇用統計結果をご案内しています

[NY時間]
(想定レンジ上限)158.44
(想定レンジ下限)156.85
(シグナル)【↑】買い

《買いポイント》[1]157.38 [2]157.28
《利食いポイント》157.91-158.03

※買いサインに転換しています。
※トレンド指数は(8h・16h・24h値)買い、32時間値売りとなっています。波動は右肩上りで売りサインです。
※NT時間はは買いから参入いたします。同時に波動右肩下がりに付き、レジスタンスラインからの逆張りも視野に入れます。
※NY時間の米国指標は
23:45 米1月非製造業/総合PMI[確報]
24:00 米1月ISM非製造業総合指数
2023.2.3_23:00現在

2023.2.3ポンド円LONDON-Summary

米雇用統計を控えて持ち高調整

・米雇用統計を控えて持ち高調整のユーロポンドのユーロ売りポンド買いが進行。ポンドドルは1.2265まで、ポンド円は157.59まで上昇。一方でドル円は対欧州通貨でドル売りが強まった影響を受け128.32まで下落となっています。

2023.2.3米雇用統計

非農業部門雇用者数の大幅な上振れと失業率の改善を受けて米10年債権利回り上昇からドル買い

・1月の米雇用統計は非農業部門雇用者数が前月比+51.7万人と事前予想の+19.0万人を大幅に上回る。失業率は3.4%と市場予想の3.6%より改善。平均時給も前月比+0.3%前年比+4.4%と市場予想の前月比+0.3%、前年比+4.3%とほぼ市場予想通りです。
非農業部門雇用者数の大幅な上振れと失業率の改善を受けて米10年債権利回り上昇からドル買いが進行しています。

[売買結果] [本日 155P  2月累計 546P]
157.36(S)⇒157.06利確30P
157.17(S)⇒157.06利確11P    2023/02/03 09:18
157.13(S)⇒157.02利確11P
156.98(S)⇒156.77利確21P
156.98(S)⇒156.80利確18P
156.99(S)⇒156.85利確14P
157.64(S)⇒157.43利確21P
157.53(S)⇒157.43利確10P
157.47(S)⇒157.43利確4P
157.61(S)⇒157.46利確15P    2023/02/03 22:48


[data条件等]
※このNY-strategyの解析はwonderfx alogorithm&quants 16.1.7になります。
※strategyの基本対象時間帯は22:00~05:55ですが、主に22:00~24:30をメインに設計をしています。
※この解析内容は22時00分現在のデータを基にしています。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、NY-straregyCES臨時版はアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このNY-straregyCES臨時版により生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
(2023.2.1規定)

1sozai_cman_jp_20210204232807 (2)ac.jpg

FXトレード|ポンド円|NY-strategy(2023.2.2)

FXテクニカル分析|FXデイトレード|NY-strategy(2023.2.2)

logo333NY-b-48.jpg
アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(22:30~06:00)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中22:30と23:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。

[NY時間]
(想定レンジ上限)159.35
(想定レンジ下限)156.74
(シグナル)【↓】売り

《売りポイント》[1]158.48 [2]158.56
《利食いポイント》157.41-157.61

※売りサインに転換しています。
※トレンド指数は4ブロック時間軸全て売りとなっています。波動はフラットから右肩上りで売り圧力が後退しています
※NY時間は売りから参入いたします。同時に波動フラットに付き、サポートラインからの逆張りも視野に入れます。
※短期乖離が発生しています。短期間的に158.83までの修正を警戒しての売りとなっています。
※NY時間の米国指標等は
22:15 欧州中銀、政策金利発表
22:45 ラガルドECB総裁、記者会見
22:30 米10-12月期非農業部門労働生産性[速報値]
22:30 米10-12月期単位労働コスト[速報値]
22:30 米新規失業保険申請件数
24:00 米12月製造業受注指数
24:00 米12月耐久財受注[確報]
2023.2.2_21:30現在

2023.2.2ポンド円LONDON-Summary

英中銀政策金利発表を控えてユーロポンドでのユーロ買いポンド売り

・英中銀政策金利発表を控えてユーロポンドでのユーロ買いポンド売りが進行。ポンドドルは1.2310まで、ポンド円は158.64まで下落。一方でドル円は米10年債権利回り上昇からのドル買い・円売りで129.14まで上昇となっています。

2023.2.2BOE政策金利

ポンド失速

・BOEは市場予想通り、政策金利を0.50%引き上げ4.00%にする事を決定。 発表を受けてポンド買いが進行し、ポンドドルは1.2392まで、ポンド円は159.40まで上昇。
・1年後のインフレ見通しを前回の+5.20%から+3.01%、2年後のインフレ率を+1.43%から+0.95%へ大幅に下方修正した事や「必要なら強力に対応」の文言をガイダンスから削除した事が伝わるとポンド売りにポンドドルは1.2277まで、ポンド円は157.88まで急落となっています。

[売買結果] [本日 232P  2月累計 330P]
159.35(S)⇒158.98利確37P
159.21(S)⇒159.21利確0P     2023/02/02 10:13
159.31(S)⇒159.21利確10P
159.34(S)⇒159.24利確10P
159.47(S)⇒159.37利確10P
159.58(S)⇒159.42利確16P    2023/02/02 17:55
158.98(S)⇒158.67利確22P(保有ポジ)
158.64(S)⇒158.67利確▲3P(保有ポジ)
159.34(S)⇒158.88利確46P
159.25(S)⇒158.88利確37P    
158.35(S)⇒158.04利確31P
158.20(S)⇒158.04利確16P    2023/02/02 21:20


[data条件等]
※このNY-strategyの解析はwonderfx alogorithm&quants 16.1.7版になります。
※strategyの基本対象時間帯は22:30~06:00ですが、主に22:30~25:30をメインに設計をしています。
※この解析内容は21時30分現在のデータを基にしています。
※途中アルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、NY-straregyはアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このNY-straregyにより生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。(2023.2.1規定)

1sozai_cman_jp_20210204232807 (2)ac.jpg

FXトレード|ポンド円|NY-strategy(2023.2.1)

FXテクニカル分析|FXデイトレード|NY-strategy(2023.2.1)

logo333NY-b-48.jpg
アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(22:30~06:00)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中22:30と23:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。

[NY時間]
(想定レンジ上限)160.54
(想定レンジ下限)159.25
(シグナル)【↓】売り

《売りポイント》[1]160.11 [2]160.21
《利食いポイント》159.58-159.68

※売りサインに転換しています。
※トレンド指数は4ブロック時間軸全て売りとなっています。波動は3ブロック時間軸完全フラット(指数プラス)ですので戻り売りとなります。
※NY時間は売りから参入いたします。
※NY時間の米国指標等は
22:15 米1月ADP雇用統計
23:45 米1月製造業PMI[確報]
24:00 米1月ISM製造業景況指数
24:00 米1月ISM支払価格
24:00 米12月建設支出
24:00 米12月雇用動態調査[JOLT]
24:30 EIA週間石油在庫統計
28:00 FOMC[米連邦公開市場委員会]、政策金利発表
28:30 パウエルFRB議長、記者会見
2023.2.1_21:30現在

2023.2.1ポンド円LONDON-Summary

米10年債利回り低下

・米10年債利回り低下を背景にドル売り・円買いが進行。ドル円は129.66まで、ポンド円は159.82まで下落。一方でポンドドルはドル売りの流れやドル円の失速を受けて1.2334まで上昇となっています。

[売買結果] [本日 59P  2月累計 59P]
160.06(L)⇒160.25利確19P
160.14(L)⇒160.25利確11P    2023/02/01 14:22
160.56(S)⇒160.46利確10P
160.62(S)⇒160.48利確14P
160.31(L)⇒160.43利確12P
160.36(L)⇒160.43利確7P
160.09(L)⇒159.95ストップ▲14P    2023/02/01 18:08
158.98(S)保有
158.64(S)保有


[data条件等]
※このNY-strategyの解析はwonderfx alogorithm&quants 16.1.7版になります。
※strategyの基本対象時間帯は22:30~06:00ですが、主に22:30~25:30をメインに設計をしています。
※この解析内容は21時30分現在のデータを基にしています。
※途中アルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、NY-straregyはアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このNY-straregyにより生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。(2023.2.1規定)

1sozai_cman_jp_20210204232807 (2)ac.jpg
Copyright©2011-2022  FXポンド円,アルゴリズム解析によるデイトレード戦略:wonderfx   All Rights Reserved.

この著作権は若松浩幸に帰属します。無断転載を禁じます。