再考は最高!の関連記事|FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx

再考は最高!のカテゴリ記事一覧

ポンド円、ドル円、ユーロ円、ポンドドル、ユーロドルのストラテジーを東京市場、欧州市場、NY市場でご案内。更にリアルタイムトレードとその解説を公開。

カテゴリ:再考は最高!

  • 2019/09/24再考は最高!

    algorithm analysis欧州戦略(2019.9.24)algorithm analysis欧州戦略はドル円、ポンドドル、ユーロ円、ユーロドルの4通貨共にハッキリした売買シグナルが出ていませんので配信を中止致します。...

    記事を読む

  • 2016/08/08再考は最高!

    algorithm analysis欧州戦略(2016.8.8)ドル円・ポンドドル・ユーロ円・ユーロドルの4通貨をアルゴリズム&クオンツ解析を行い、欧州時間(15:00~22:30)の売買ポイント、ターゲット、ストップ設定をご案内します。ドル円※アルゴリズムでシグナルが出ていませんのでポイント値の提示は有りません。《現行水準》 2016.8.8_15:00現在 102.07ポンドドル※アルゴリズムでシグナルが出ていませんのでポイント値の提示は有りません。《現...

    記事を読む

  • 2014/10/02再考は最高!

    本日の再考(2014.10.2)編欧州中盤(18時)に再度、方向性を確かめる事は重要な事です。18時現在の方向性(値幅)とサポート&レジスタンス、そしてポンド円LONDON-Summary(18時)をご案内します。◆176.30-174.56【↓】 レジスタンス②178.68 レジスタンス①177.42 10/2高値176.67 18時00分現在175.38 10/2安値175.30 サポート①174.91 サポート②173.652014.10.2ポンド円LONDON-Summary(18時)=・米10年債権利回りの上昇からのドル買...

    記事を読む

  • 2014/10/01再考は最高!

    本日の再考(2014.10.1)編欧州中盤(18時)に再度、方向性を確かめる事は重要な事です。18時現在の方向性(値幅)とサポート&レジスタンス、そしてポンド円LONDON-Summary(18時)をご案内します。◆178.06-177.16【↓】 レジスタンス②178.42 10/1高値178.15 レジスタンス①178.10 18時00分現在177.69 10/1安値177.51 サポート①177.47 サポート②177.162014.10.1ポンド円LONDON-Summary(18時)=・欧州入りからユーロポンド売りが進行...

    記事を読む

algorithm analysis欧州戦略(2019.9.24)

B40-6-1.jpg

algorithm analysis欧州戦略(2019.9.24)

algorithm analysis欧州戦略はドル円、ポンドドル、ユーロ円、ユーロドルの4通貨共にハッキリした売買シグナルが出ていませんので配信を中止致します。

40-6-1.jpg
カテゴリ
タグ

algorithm analysis欧州戦略(2016.8.8)

B40-6-1.jpg

algorithm analysis欧州戦略(2016.8.8)

ドル円・ポンドドル・ユーロ円・ユーロドルの4通貨をアルゴリズム&クオンツ解析を行い、欧州時間(15:00~22:30)の売買ポイント、ターゲット、ストップ設定をご案内します。

ドル円

※アルゴリズムでシグナルが出ていませんのでポイント値の提示は有りません。
《現行水準》 2016.8.8_15:00現在 102.07

ポンドドル

※アルゴリズムでシグナルが出ていませんのでポイント値の提示は有りません。
《現行水準》 2016.8.8_15:00現在 1.3081

ユーロ円

《買いポイント》112.99-113.03
《ストップ》112.71
《ターゲット》113.43-113.53
《現行水準》 2016.8.8_15:00現在 113.24

ユーロドル

《買いポイント》1.1072-1.1082
《ストップ》1.1052
《ターゲット》1.1112-1.1120
《現行水準》 2016.8.8_15:00現在 1.1095

【data条件とポイント値の利用方法】
※このalogorithm analysis 4 currency 2.0.7版 となります。
※strategyの基本対象時間帯は15:00~22:30ですが、主に15:00~18:00をメインに設計をしています。
※この解析内容は15時現在のデータを基にしています。
※《ターゲット》ポイントを捉えた場合ストーリーが完成して終了となります。この場合、ストーリーが再度繰り返されるか(リピート)するか、新ストーリーに移行するかを確認をします。
※《ストップ》ポイントを捉えた場合はストーリーの崩壊となります。尚、ストップポイントを完全に抜けない場合は、そのストップラインが抵抗(サポートラインやレジスタンスライン)に寄与しているか見極めます。
掲載は不定期になります。通常のLONDON-strategy、the指値man(欧州版)Update後のリアルタイムトレードに時間的余裕がある場合にアルゴリズム解析データからご案内を致してます。
※本algorithm analysisはアルゴリズム解析の内容をお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このalgorithm analysisにより生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。
(2016.3.27規定)
40-6-1.jpg
カテゴリ
タグ

英建設業PMI改善もポンド買いは一時的=本日の再考(2014.10.2)編

s2250.png

本日の再考(2014.10.2)編

欧州中盤(18時)に再度、方向性を確かめる事は重要な事です。18時現在の方向性(値幅)とサポート&レジスタンス、そしてポンド円LONDON-Summary(18時)をご案内します。

◆176.30-174.56【↓】
 レジスタンス②178.68
 レジスタンス①177.42
 10/2高値176.67
 18時00分現在175.38
 10/2安値175.30
 サポート①174.91
 サポート②173.65


2014.10.2ポンド円LONDON-Summary(18時)=

・米10年債権利回りの上昇からのドル買いで、ドル円は108.95まで上昇も109円からの売りの上値を押さえられると日経ナイトセッションの下落が重石となり、108.41まで失速。一方でポンドドルも米10年債権利回り上昇からのドル買いで1.6170まで下落。ポンド円は双方の下落に連動して176.35付近の揉み合いから176円を下抜けて175.42まで下落。
・英建設業PMIが市場予想を上回ると、ポンドドルは一時的に1.6207まで買い戻されるも、戻り売りに押されて1.6182まで失速。ポンド円も連動して175.84まで買い戻し後、175.36まで失速となっています。一方でドル円は17:20から米10年債権利回りが急低下した事で108.34まで下落幅を拡大しています。

2014.10.2英国指標

英9月建設業PMI 64.2(予想 63.5)

※このアルゴリズム解析は欧州15時から現時点までの最新データを基に再考して表記しています。トレード戦略に関してはリアルタイムトレド(LONDON-strategy)版を参照願います。
カテゴリ
タグ

英製造業PMI下振れでポンド急落=本日の再考(2014.10.1)編

s2250.png

本日の再考(2014.10.1)編

欧州中盤(18時)に再度、方向性を確かめる事は重要な事です。18時現在の方向性(値幅)とサポート&レジスタンス、そしてポンド円LONDON-Summary(18時)をご案内します。

◆178.06-177.16【↓】
 レジスタンス②178.42
 10/1高値178.15
 レジスタンス①178.10
 18時00分現在177.69
 10/1安値177.51
 サポート①177.47
 サポート②177.16


2014.10.1ポンド円LONDON-Summary(18時)=

・欧州入りからユーロポンド売りが進行した事で、ポンドドルは1.6212まで上昇。ポンド円も連動して178.11まで上昇。一方でドル円は東京時間に110円突破からの利益確定の売りの押された後、109.85を挟んで揉み合いながらも底堅く推移。
・独、ユーロ圏の製造業PMIが市場予想を下回ると、ユーロ売りドル買いが進行。ポンドドルもユーロのドル買いに連動して1.6191まで反落。ポンド円も連動して177.77まで反落。
・英製造業PMIが市場予想を下回るとポンド売りが進行。ポンドドルは1.6160まで、ポンド円は177.51まで急落となっています。

2014.10.1英国指標

英9月製造業PMI 51.6(予想 52.7)

※このアルゴリズム解析は欧州15時から現時点までの最新データを基に再考して表記しています。トレード戦略に関してはリアルタイムトレド(LONDON-strategy)版を参照願います。
©2011-2020 FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx All Rights Reserved.

この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。 転載を希望される方はお問い合わせ下さい