米7-9月期GDP統計[速報]のタグが付いた記事|FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx

米7-9月期GDP統計[速報]のタグ記事一覧

ポンド円、ドル円、ユーロ円、ポンドドル、ユーロドルの「トレード戦略」と「リアルタイムトレード」を公開。初心者向け基礎知識と基本の教科書売買を提供。

FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx
  • ホーム
  • »
  • 米7-9月期GDP統計[速報]

タグ:米7-9月期GDP統計[速報]

  • 2019/10/30NY市場予想(20:30現在)

    FX為替トレード:NY-strategy(2019.10.30)アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(21:30~05:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中21:30と22:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。[20:30現在アルゴリズム解析です]◆140.97-139.50【↑↓】レンジレンジ両サイドからの攻め(売り編)《売りポイント...

    記事を読む

  • 2016/10/28NY市場予想(20:30現在)

    NY-strategy(2016.10.28)アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(22:30~05:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中21:30と22:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。[20:30現在アルゴリズム解析です]◆128.20-127.16【↓】売り《売りポイント》[1]127.85 [2]127.95《利食いポイント》127.42-127...

    記事を読む

ポンド円:NY-strategy(2019.10.30)

logo333NY-b-48.jpg

FX為替トレード:NY-strategy(2019.10.30)

アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(21:30~05:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中21:30と22:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。

[20:30現在アルゴリズム解析です]
◆140.97-139.50【↑↓】レンジ
レンジ両サイドからの攻め(売り編)
《売りポイント》[1]140.50
《利食いポイント》139.91-139.97
レンジ両サイドからの攻め(買い編)
《買いポイント》[1]139.97
《利食いポイント》140.50-140.56

※レンジサインに転換です。
※トレンド指数は(8h・16h・24h値)レンジ、32時間値買いとなっています。波動はゼロ地点フラットで方向性の模索となっています。
※NY時間はレンジ両サイドからの攻め(逆張り)で参入を致します。レンジ(139.91-140.56)の何れかを抜けた段階でレンジ終了から順張りに変更となります。
※NY時間の米国指標は
21:15 米10月ADP雇用統計
21:30 米7-9月期GDP統計[速報]
23:30 EIA週間石油在庫統計
27:00 FOMC声明発表
27:30 パウエルFRB議長=記者会見

2019.10.30ポンド円LONDON-Summary

FOMCを控えてドル買い欧州通貨売りのポジションを整理する動き

・英10年債金利の上昇を背景にポンド買いが優勢。ポンド道あh1.2905まで、ポンド円は140.47まで上昇。その後、金利が低下すると、ポンドドルは1.2871まで、ポンド円は140.06まで失速。
・一巡後、米FOMCを控えてドル買い欧州通貨売りのポジションを整理する動きから、ポンドドルは1.2895まで上昇。ポンド円も連動し140.36まで上昇となっています。

[売買結果] [本日 19P  10月累計 2190P]
140.22(S)⇒140.45ストップ▲23P
140.47(S)⇒140.31利確16P
140.40(S)⇒140.31利確9P
140.35(S)⇒140.31利確4P
140.31(S)⇒140.18利確13P 2019-10-30 17:24


[data条件等]
※このTOKYO-strategyの解析はwonderfx alogorithm&quants 12.8.3になります。
※strategyの対象時間帯は22:30~06:55となります。
※途中アルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、NY-straregyはアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このNY-straregyにより生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
(2019.10.1規定)
commentinfo4.jpg

北アイルランドでの判決を受けてハードブレグジット懸念が再燃=NY-strategy(2016.10.28)

tinytags (3)

NY-strategy(2016.10.28)

アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(22:30~05:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中21:30と22:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。

[20:30現在アルゴリズム解析です]
◆128.20-127.16【↓】売り
《売りポイント》[1]127.85 [2]127.95
《利食いポイント》127.42-127.51
※売りサインに転換しています。
※トレンド指数は4ブロック時間軸全て売りとなっています。波動はフラットでサインの転換(この場合は売りサイン終盤からの転換)を示しています。
※NY時間は売りから参入を致します。同時に波動フラットに付きサポートラインからの逆張りも視野に入れます。
※NY時間の米国指標は
21:30 米7-9月期GDP統計[速報]=市場予想改善
23:00 米10月ミシガン大学消費者信頼感指数[確報]=市場予想改善

[21:30現在アルゴリズム解析です]
◆128.90-126.99【↑↓】レンジ
レンジ両サイドからの攻め(売り編)
《売りポイント》[1]128.29
《利食いポイント》127.52-127.60
レンジ両サイドからの攻め(買い編)
《買いポイント》[1]127.60
《利食いポイント》128.29-128.37
※レンジサインに転換です。
※トレンド指数は4ブロック時間軸全てレンジとなっています。波動はゼロ地点フラットで方向性の模索となっています。
※NY時間はレンジ両サイドからの攻め(逆張り)で参入を致します。レンジ(128.37-127.52)の何れかを抜けた段階でレンジ終了から順張りに変更となります。

2016.10.28ポンド円LONDON-Summary=ハードブレグジット懸念が再燃

・18時まで揉み合いが続くも、北アイルランドでの判決(英国政府は議会の承認なしにリスボン条約50条を発動出来ないとの訴えを却下)を受けてハードブレグジットへの懸念が再燃。ポンドドルは1.2122まで、ポンド円は127.64まで下落。
・一方でドル円は14時過ぎから買いが強まった流れを引き継ぎ105.42まで上昇。その後、反動から上値を切り下げて105.25を挟んで揉み合いとなっています。

[売買結果][本日 62P  10月累計 1898P]
127.82(L)⇒128.14利確32P
127.99(L)⇒128.17利確18P  
128.10(L)⇒128.22利確12P  2016-10-28 16:12
128.13(L)
127.47(L)保有(スイング)
118.97(L)保有(スイング)


[data条件等]
※このNY-straregyの解析は wonderFX alogorithm&quants 10.0.1版 になります。
※strategyの対象時間帯は22:30~05:55となります。
※途中アルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、NY-straregyはアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このNY-straregy Part1により生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
(2016.3.13規定)
commentinfo4.jpg
©2011-2020 FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx All Rights Reserved.

この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。 転載を希望される方はお問い合わせ下さい