米10月建設支出のタグが付いた記事|FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx

米10月建設支出のタグ記事一覧

ポンド円、ドル円、ユーロ円、ポンドドル、ユーロドルのストラテジーを東京市場、欧州市場、NY市場でご案内。更にリアルタイムトレードとその解説を公開。

FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx

タグ:米10月建設支出

  • 2019/12/02NY市場予想(21:30現在)

    FX為替トレード:NY-strategy(2019.12.2)アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(22:30~06:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中22:30と23:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。[21:30現在アルゴリズム解析です]◆142.03-141.05【↑↓】レンジレンジ両サイドからの攻め(売り編)《売りポイント...

    記事を読む

  • 2018/12/03NY市場予想(21:30現在)

    NY-strategy(2018.12.3)アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(22:30~06:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中22:30と23:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。[21:30現在アルゴリズム解析です]◆145.37-143.54【↓】売り《売りポイント》[1]144.76 [2]144.86《利食いポイント》144.01-144....

    記事を読む

  • 2017/12/01NY市場予想(21:30現在)

    NY-strategy(2017.12.1)アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(22:30~06:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中22:30と23:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。[21:30現在アルゴリズム解析です]◆152.39-150.79【↓】売り《売りポイント》[1]151.86 [2]151.96《利食いポイント》151.20-151....

    記事を読む

  • 2016/12/01NY市場予想(21:30現在)

    NY-strategy(2016.12.1)アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(23:30~06:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中22:30と23:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。[21:30現在アルゴリズム解析です]◆146.18-143.01【↑】買い《買いポイント》[1]144.07 [2]143.97《利食いポイント》145.13-145....

    記事を読む

ポンド円:NY-strategy(2019.12.2)

logo333NY-b-48.jpg

FX為替トレード:NY-strategy(2019.12.2)

アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(22:30~06:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中22:30と23:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。

[21:30現在アルゴリズム解析です]
◆142.03-141.05【↑↓】レンジ
レンジ両サイドからの攻め(売り編)
《売りポイント》[1]141.71
《利食いポイント》141.32-141.36
レンジ両サイドからの攻め(買い編)
《買いポイント》[1]141.36
《利食いポイント》141.71-141.76

※レンジサインに転換です。
※トレンド指数は(8h・16h・24h値)レンジ、32時間値微弱の買いとなっています。波動はゼロ地点フラットで方向性の模索となっています。
※NY時間はレンジ両サイドからの攻め(逆張り)で参入を致します。レンジ(141.32-141.76)の何れかを抜けた段階でレンジ終了から順張りに変更となります。
※NY時間の米国指標は
23:45 米11月製造業PMI[確報]
24:00 米11月ISM製造業景況指数
24:00 米11月ISM支払価格
24:00 米10月建設支出

2019.12.2ポンド円LONDON-Summary

米10年債金利上昇からドル買い

・米10年債金利上昇や週末に発表された世論調査で保守党の支持率が前回から低下していた事からポンド売りが進行し、ポンドドルは1.2895まで、ポンド円は141.37まで下落。
・その後、米10年利回り上昇が一服すると、ポンドドルは1.2918まで、ポンド円は141.49まで反発しています。

[売買結果] [本日 30P  12月累計 30P]
141.65(S)⇒141.52利確13P
141.56(S)⇒141.52利確4P
141.52(L)⇒141.65利確13P
141.51(L)保有


[data条件等]
※このTOKYO-strategyの解析はwonderfx alogorithm&quants 12.9.7になります。
※strategyの対象時間帯は22:30~06:55となります。
※途中アルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、NY-straregyはアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このNY-straregyにより生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
(2019.12.1規定)
commentinfo4.jpg

NY-strategy(2018.12.3)

tinytags (3)

NY-strategy(2018.12.3)

アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(22:30~06:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中22:30と23:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。

[21:30現在アルゴリズム解析です]
◆145.37-143.54【↓】売り
《売りポイント》[1]144.76 [2]144.86
《利食いポイント》144.01-144.15

※売りサインに転換しています。
※トレンド指数は4ブロック時間軸全て売りとなっています。波動はフラットでサインの転換(この場合は売りサイン終盤からの転換)を示しています。
※NY時間は売りから参入を致します。同時に波動フラットに付きサポートラインからの逆張りも視野に入ります。
※NY時間の指標等は
22:00 クオールズFRB副議長=経済見通し・インフレ・金融政策に関して質疑応答
23:30 加11月RBC製造業PMI
23:45 米11月製造業PMI[確報]
24:00 米11月ISM製造業景況指数
24:00 米11月ISM支払価格
24:00 米10月建設支出
26:30 ホールデン英中銀チーフエコノミスト=講演

2018.12.3ポンド円LONDON-Summary

EU離脱案の議会通過に対する不透明感ポンド売り

・欧州早朝、英10年債権利回り上昇からポンド買いに。ポンドドルは1.2823まで、ポンド円は145.50まで上昇。欧州勢が本格参入をすると、EU離脱案の議会通過に対する不透明感ポンド売りが優勢に。ポンドドルは1.2707まで、ポンド円は144.30まで下落となっています。

[売買結果] [本日 28P  12月累計 28P]
145.41(S)⇒145.29利確12P
145.33(S)⇒145.18利確15P
145.19(S)⇒145.18利確1P  2018-12-03 17:33


[data条件等]
※このTOKYO-strategyの解析はwonderfx alogorithm&quants 11.3.3版になります。
※strategyの対象時間帯は22:30~06:55となります。
※途中アルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、NY-straregyはアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このNY-straregy Part1により生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
(2018.10.1規定)
commentinfo4.jpg

NY-strategy(2017.12.1)

tinytags (3)

NY-strategy(2017.12.1)

アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(22:30~06:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中22:30と23:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。

[21:30現在アルゴリズム解析です]
◆152.39-150.79【↓】売り
《売りポイント》[1]151.86 [2]151.96
《利食いポイント》151.20-151.32

※売りサインに転換しています。
※トレンド指数は(8h・16h値)売り、(24h・32h値)レンジとなっています。波動はフラットから右肩下りで買い圧力が後退しています。
※NY時間は売りから参入を致します。
※NY時間に米国指標とは
23:05 ブラード・セントルイス連銀総裁、講演
23:30 カプラン・ダラス連銀総裁=講演
23:45 米11月製造業PMI[確報]
24:00 米11月ISM製造業景況指数
24:00 米11月ISM支払価格
24:00 米10月建設支出
24:15 ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁=講演

2017.12.1ポンド円LONDON-Summary

欧州株下落や英10年債権利回り低下からポンド売り

・欧州株下落や英10年債権利回り低下。そして週末を控えた持ち高調整のポンド売りで、ポンドドルは1.3473まで、ポンド円は151.42まで下落。その後、英製造業PMIが市場予想を上回ると、ポンドドルは下げ渋りから1.3505まで、ポンド円は151.78まで上昇。
・一方でドル円はダウ先物や日経ナイトセッションの下落。米10年債権利回り低下からの円買いで112.28まで下落となっています(21:00)。

[売買結果] [本日 28P  12月累計 28P]
152.46(S)⇒152.31利確15P
152.37(S)⇒152.31利確6P
152.21(S)⇒152.18利確3P
152.18(S)⇒152.18利確0P
152.22(S)⇒152.18利確4P  2017-12-01 17:30
150.26(S)保有(スイング)
150.09(S)保有(スイング)
149.95(S)保有(スイング)
149.20(S)保有
149.05(S)保有


[data条件等]
※このNY-straregyの解析はwonderfx alogorithm&quants 11.0.2版になります。
※strategyの対象時間帯は22:30~06:55となります。
※途中アルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、NY-straregyはアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このNY-straregy Part1により生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
(2017.4.1規定)
commentinfo4.jpg

NY-strategy(2016.12.1)

tinytags (3)

NY-strategy(2016.12.1)

アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(23:30~06:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中22:30と23:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。

[21:30現在アルゴリズム解析です]
◆146.18-143.01【↑】買い
《買いポイント》[1]144.07 [2]143.97
《利食いポイント》145.13-145.38

※買いサインに転換しています。
※トレンド指数は4ブロック時間軸全て買いとなっています。波動はフラットから右肩下りで買い圧力が後退しています。
※NY時間は買いから参入を致します。同時に波動はフラットに付きレジスタンスからの逆張りも視野に入れます。
※現在、短期乖離が発生しています。上記買いポイントは乖離修正からのポイント値となります。
※NY時間の米国指標は
22:00 カプラン・ダラス連銀総裁=講演
22:30 メスター・クリーブランド連銀総裁=会合で挨拶
22:30 米新規失業保険申請件数
23:45 米11月製造業PMI[確報]
24:00 米11月ISM製造業景況指数
24:00 米11月ISM支払価格
24:00 米10月建設支出

2016.12.1ポンド円LONDON-Summary=

・英製造業PMIが市場予想をを下回るとポンドドルは1.2505まで、ポンド円は142.94まで下落。その後、米10年債権利回り上昇幅縮小やダイセイプルームユーログループ議長が「英国は欧州域内市場にアクセスする方向を見つける可能性」と述べた事でポンド買いが進行しポンドドルは1.2647まで、ポンド円は144.58まで上昇。
・一方でドル円は米10年債権利回り上昇からの円売りで114.39まで上昇となっています。

[売買結果][本日 178P  12月累計 178P]
143.22(L)⇒143.39利確17P
143.31(L)⇒143.39利確8P
143.33(L)⇒143.52利確19P
142.97(S)⇒142.82利確15P
143.06(S)⇒142.90利確16P
142.98(S)⇒142.81利確17P
143.14(S)⇒143.00利確14P
143.09(S)⇒143.00利確9P
143.34(S)⇒143.10利確24P
143.28(S)⇒143.10利確18P
143.25(S)⇒143.10利確15P  
143.11(S)⇒143.05利確6P 2016-12-01 18:33
143.40(S)保有
140.13(S)保有
118.97(L)保有(スイング:リミットを152.90に設定)
※尚、140.13(S)は純粋な売りではなく保有買いスイングに対する保険です。


[data条件等]
※このNY-straregyの解析は wonderFX alogorithm&quants 10.0.1版 になります。
※strategyの対象時間帯は23:30~05:55となります。
※途中アルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、NY-straregyはアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このNY-straregy Part1により生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
(2016.3.13規定)
commentinfo4.jpg
©2011-2020 FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx All Rights Reserved.

この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。 転載を希望される方はお問い合わせ下さい