米10月中古住宅販売成約指数のタグが付いた記事|FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx

米10月中古住宅販売成約指数のタグ記事一覧

ポンド円、ドル円、ユーロ円、ポンドドル、ユーロドルのストラテジーを東京市場、欧州市場、NY市場でご案内。更にリアルタイムトレードとその解説を公開。

FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx
  • ホーム
  • »
  • 米10月中古住宅販売成約指数

タグ:米10月中古住宅販売成約指数

  • 2019/11/27NY市場予想(21:30現在)

    FX為替トレード:NY-strategy(2019.11.27)アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(22:30~06:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中22:30と23:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。[21:30現在アルゴリズム解析です]◆141.08-140.12【↑】買い《買いポイント》[1]140.44 [2]140.34《利食いポイ...

    記事を読む

  • 2018/11/29NY市場予想(21:30現在)

    NY-strategy(2018.11.29)アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(22:30~06:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中22:30と23:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。[21:30現在アルゴリズム解析です]◆145.40-143.95【↓】売り《売りポイント》[1]144.92 [2]145.02《利食いポイント》144.32-144...

    記事を読む

  • 2017/11/29NY市場予想(21:30現在)

    NY-strategy(2017.11.29)アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(22:30~06:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中22:30と23:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。[21:30現在アルゴリズム解析です]◆150.11-149.16【↑】買い《買いポイント》[1]149.48 [2]148.35《利食いポイント》149.80-149...

    記事を読む

  • 2016/11/30NY市場予想(21:30現在)

    NY-strategy(2016.11.30)アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(23:30~06:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中22:30と23:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。[21:30現在アルゴリズム解析です]◆142.18-140.43【↑】買い《買いポイント》[1]141.01 [1]140.89《利食いポイント》141.59-141...

    記事を読む

ポンド円:NY-strategy(2019.11.27)

logo333NY-b-48.jpg

FX為替トレード:NY-strategy(2019.11.27)

アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(22:30~06:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中22:30と23:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。

[21:30現在アルゴリズム解析です]
◆141.08-140.12【↑】買い
《買いポイント》[1]140.44 [2]140.34
《利食いポイント》140.76-140.84

※買いサインに転換しています。
※トレンド指数は4ブロック時間軸全て買いとなっています。波動はフラットでサインの転換(この場合は買いサイン終盤からの転換)を示しています。
※NY時間は買いから参入を致します。同時に波動フラットに付きレジスタンスからの逆張りも視野に入れます。
※NY時間の指標等は
22:30 米7-9月期GDP統計[改定値]
22:30 米10月耐久財受注[速報]
22:30 米新規失業保険申請件数
23:45 米11月シカゴ購買部協会景気指数
24:00 米10月個人所得/個人支出
24:00 米10月PCEデフレーター
24:00 米10月中古住宅販売成約指数
24:30 EIA週間石油在庫統計
28:00 米地区連銀経済報告[ベージュブック]

2019.11.27ポンド円LONDON-Summary

YouGovによる最新世論調査の結果を控えてポンド買い戻し

・英総選挙の有権者登録で若年層の登録者数が急増した事を受けて労働党の得票数が予想以上に伸びる可能性が高まるとの思惑からポンド売りに。ポンドドルは1.2826まで、ポンド円は140.05まで下落。
・その後。日本時間28日午前7時に発表予定のユーガブによる最新世論調査の結果を控えてポンド買い戻しが入ると、ポンドドルは1.2891まで、ポンド円は140.67なで上昇となっています。

[売買結果] [本日 12P  11月累計 584P]
140.30(S)⇒140.28利確12P
140.06(L)⇒140.24利確18P
140.38(S)⇒140.56利確▲18P 2019-11-27 20:42


[data条件等]
※このTOKYO-strategyの解析はwonderfx alogorithm&quants 12.9.2になります。
※strategyの対象時間帯は22:30~06:55となります。
※途中アルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、NY-straregyはアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このNY-straregyにより生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
(2019.11.1規定)
commentinfo4.jpg

NY-strategy(2018.11.29)

tinytags (3)

NY-strategy(2018.11.29)

アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(22:30~06:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中22:30と23:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。

[21:30現在アルゴリズム解析です]
◆145.40-143.95【↓】売り
《売りポイント》[1]144.92 [2]145.02
《利食いポイント》144.32-144.43

※売りサイン継続です。
※トレンド指数は4ブロック時間軸全て売りとなっています。波動は右肩上りからフラットに。売りサインの終盤から買いへの転換点となっています。
※NY時間は売りから参入を致します。同時に波動フラットに付きサポートラインからの逆張りも視野に入ります。
※NY時間の米国指標等は
22:30 米10月個人所得
22:30 米10月個人支出
22:30 米10月PCEデフレーター
22:30 米新規失業保険申請件数
24:00 米10月中古住宅販売成約指数
28:00 FOMC議事要旨[11月7-8日開催分]

2018.11.29ポンド円LONDON-Summary

議会承認に対する不透明感からポンド売り

・原油先物安を背景に加ドルのドル買いが進んだ影響や離脱合意案の議会承認に対する不透明感からポンド売りが進行。 ポンドドルは1.2755まで、ポンド円は144.51まで下落。
・一方でドル円は米10年債権利回り低下からの円買いで113.21まで下落。その後、金利の低下が一服すると113.42まで下値を切り上げています。

[売買結果] [本日 ▲18P  11月累計 1308P]
145.61(L)⇒145.32ストップ▲29P
145.37(S)⇒145.26利確11P  2018-11-29 17:25


[data条件等]
※このTOKYO-strategyの解析はwonderfx alogorithm&quants 11.3.3版になります。
※strategyの対象時間帯は22:30~06:55となります。
※途中アルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、NY-straregyはアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このNY-straregy Part1により生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
(2018.10.1規定)
commentinfo4.jpg

NY-strategy(2017.11.29)

tinytags (3)

NY-strategy(2017.11.29)

アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(22:30~06:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中22:30と23:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。

[21:30現在アルゴリズム解析です]
◆150.11-149.16【↑】買い
《買いポイント》[1]149.48 [2]148.35
《利食いポイント》149.80-149.87

※買いサインに転換しています。
※トレンド指数は4ブロック時間軸全て買いとなっています。波動は右肩下がりからフラットに。買いサインの終盤から売りへの転換点となっています。
※NY時間は買いから参入を致します。同時に波動フラットに付きレジスタンスからの逆張りも視野に入ります。
※短期乖離が発生しています。148.78までの乖離修正を警戒して下さい。
※NY時間の米国指標等は
22:30 米7-9月期GDP統計[改定値]
22:30 ダドリー・ニューヨーク連銀総裁=講演
24:00 米10月中古住宅販売成約指数
24:00 イエレンFRB議長=上下両院合同経済委員会で証言
24:30 EIA週間石油在庫統計
26:45 ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁=講演
28:00 米地区連銀経済報告[ベージュブック]

2017.11.29ポンド円LONDON-Summary

EU首席交渉官発言からポンド買い

・英国の離脱清算金に関して数日中に合意を報告したいとのEU首席交渉官発言からポンド買いが進行。ポンドドルは1.3429まで、ポンド円は149.70まで上昇。一巡後、調整から上値を切下げて、ポンドドルは1.3405を挟んで、ポンド円は149.40を挟んで揉み合い。
・20時過ぎから米10年債権利回りが上昇幅を拡大するとドル円の上昇に連れて149.61まで上昇となっています。

[売買結果] [本日 20P  11月累計 1904P]
149.40(S)⇒149.20利確20P  2017-11-29 16:27
149.40(S)保有
149.20(S)保有
149.05(S)保有
152.09(S)保有(スイング:リミットを144.47に、利ストップを150.09に設定)


[data条件等]
※このNY-straregyの解析はwonderfx alogorithm&quants 11.0.2版になります。
※strategyの対象時間帯は22:30~06:55となります。
※途中アルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、NY-straregyはアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このNY-straregy Part1により生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
(2017.4.1規定)
commentinfo4.jpg

OPEC総会と月末要因を睨んだ動き=NY-strategy(2016.11.30)

tinytags (3)

NY-strategy(2016.11.30)

アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(23:30~06:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中22:30と23:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。

[21:30現在アルゴリズム解析です]
◆142.18-140.43【↑】買い
《買いポイント》[1]141.01 [1]140.89
《利食いポイント》141.59-141.73

※買いサイン継続です。
※トレンド指数は4ブロック時間軸全て買いとなっています。波動は右肩下がりからフラットに。買いサインの終盤から売りへの転換点となっています。
※NY時間は買いから参入を致します。同時に波動フラットに付きレジスタンスからの逆張りも視野に入れます。
※NY時間の指標等は
20:00 OPEC総会
22:15 米11月ADP雇用統計
21:30 ドラギECB総裁=講演[
22:00 カプラン・ダラス連銀総裁=講演
22:30 米10月個人所得/個人支出
22:30 米10月PCEデフレーター
23:45 米11月シカゴ購買部協会景気指数
24:00 米10月中古住宅販売成約指数
24:30 EIA週間石油在庫統計
25:45 パウエルFRB理事=講演
26:35 メスター・クリーブランド連銀総裁[
28:00 米地区連銀経済報告[ベージュブック]

2016.11.30ポンド円LONDON-Summary=OPEC総会を睨んだ動き

・OPEC総会の開始時間を日本時間18時に繰り上げたとの報道からドル円は113.15まで、ポンドドルは1.2514まで、ポンド円は141.51まで上昇。
・その後、減産合意に付いて各国から前向きな見解が使わると原油先物が急騰。米10年債権利回りが上昇した事でドル買いが進行した他、英世論調査でスコットランド独立派が断然優位となった事でポンド売りドル買い進行しポンドドルは1.2417まで、ポンド円は140.35まで失速。
・一巡後、ポンド道は1.2257まで、ポンド円は141.11まで上昇。一方でドル円は米10年債権利回り上昇から113.37まで上昇となっています。

[売買結果][本日 82P  11月累計 3791P]
140.32(S)⇒140.15利確17P  
140.52(L)⇒140.66利確14P
140.60(L)⇒140.72利確12P
140.53(L)⇒140.70利確17P
141.51(S)⇒141.29利確22P 2016-11-30 18:30
139.17(S)保有
140.13(S)保有(スイング:リミットを127.57に設定)
138.70(S)保有(スイング:リミットを127.57に設定)
133.80(S)保有
118.97(L)保有(スイング:リミットを152.90に設定)
※尚、133.80(S)は純粋な売りではなく保有買いスイングに対する保険の意味も一部含んでいます。


[data条件等]
※このNY-straregyの解析は wonderFX alogorithm&quants 10.0.1版 になります。
※strategyの対象時間帯は23:30~05:55となります。
※途中アルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、NY-straregyはアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このNY-straregy Part1により生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
(2016.3.13規定)
commentinfo4.jpg
©2011-2020 FX為替-ポンド円アルゴリズム解析による戦略とトレード:wonderfx All Rights Reserved.

この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。 転載を希望される方はお問い合わせ下さい