NY-strategy(2016.9.15) - wonderfx

NY-strategy(2016.9.15) - wonderfx

NY-strategy(2016.9.15)

tinytags (3)

NY-strategy(2016.9.15)

アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(22:30~05:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中21:30と22:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。

[20:30現在アルゴリズム解析です]
◆136.01-134.17【↓】売り
《売りポイント》[1]135.40 [2]135.50
《利食いポイント》134.64-134.79

※売りサインに転換です。
※トレンド指数は4ブロック時間軸全て売りとなっています。波動は変形の右肩上がりで売り圧力が一定では無いです。
※NY時間は売りから参入を致します。
※NY時間の米国指標は
21:30 米8月小売売上高
21:30 米4-6月期経常収支
21:30 米9月ニューヨーク連銀製造業景況指数
21:30 米9月フィラデルフィア連銀景況指数
21:30 米8月生産者物価指数
21:30 米新規失業保険申請件数
22:15 米8月鉱工業生産
22:15 米8月設備稼働率

2016.9.15ポンド円LONDON-Summary=BOE政策発表と議事録を受けて神経質な展開

・米10年債権利回り上昇から円売りドル買いが進行。ドル円は102.55まで上昇。一方でポンドドルは1.3197まで、ポンド円は135.12まで下落。
・英小売売上が市場予想を上回るとポンド買い戻しから、ポンドドルは1.3246まで」、ポンド円は135.63まで上昇。
・BOEは政策金利を現行の0.25%に据え置き。また、資産買取プログラム4350億ポンドで維持。議事では政策金利と資産買い入れプログラムの規模の維持を9対0で決定。「8月の見通しと一致するならば、大半のメンバーがさらなる利下げを予想と伝わるとポンドドルは1.3195‐13245間で神経質な動き。ポンド円の同様に135.15-135.65での展開となっています。

2016.9.15英国指標

英8月小売売上高 前月比-0.2%、前年比+6.2%(予想 前月比-0.4%、前年比+5.4%)
英8月小売売上高(除自動車燃料) 前月比-0.3%、前年比+5.9%(前月比-0.7%、前年比+4.8%)

[売買結果][本日 89P  9月累計 2192P]
136.08(S)⇒135.94利確14P
135.89(S)⇒135.59利確30P  
135.55(S)⇒135.40利確15P
135.50(S)⇒135.40利確10P
135.43(S)⇒135.33利確10P
135.66(S)⇒135.46利確20P  2016-09-15 20:09
137.10(S)保有(スイング:リミットを129.66に設定)


[data条件等]
※このNY-straregyの解析は wonderFX alogorithm&quants 10.0.1版 になります。
※strategyの対象時間帯は22:30~05:55となります。
※途中アルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、NY-straregyはアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このNY-straregy Part1により生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
(2016.3.13規定)
commentinfo4.jpg

記事がお役に立てば、若松浩幸のブログの応援をお願いします!
(下記のバナーをクリックして頂けると1票が投じられます)

 にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ 

皆様、お疲れ様です。
売りサインですが波動が変形の右肩上がりで売り圧力が一定では無く、売りが加速したり、戻りが通常より大きかたりする可能性が有りますので注意をして下さい。
引き続き、NY時間もよろしくお願いします。

2016-09-15 20:38 from 若松 浩幸 | Edit

サポートラインの扱いは通常通りの教科書

早くも
売りの利食いライン=134.64-134.79(サポートライン)の攻防となっています。完全に下抜けるとサポートラインがレジスタンスに変化。同ラインを上値目処した戻り売りになります。
反対にサポートされた場合は20:30終値=135.131~売りライン=135.40の戻り売りです。

2016-09-15 20:40 from 若松 浩幸 | Edit

NY時間は重要な経済指標が続きますので指標毎で刻んでリスクを回避して行きます。

2016-09-15 20:42 from 若松 浩幸 | Edit

戻りが限定的ないので米指標から参入をします。

2016-09-15 21:01 from 若松 浩幸 | Edit

134.85(S)しました

2016-09-15 21:30 from 若松 浩幸 | Edit

雇用と景況以外全て悪化です。
(訂正)

2016-09-15 21:32 from 若松 浩幸 | Edit

追加
134.97(S)しました

2016-09-15 21:35 from 若松 浩幸 | Edit

135.18(S)しました

2016-09-15 21:41 from 若松 浩幸 | Edit

売り上がりが少し早かった陽です。

2016-09-15 21:56 from 若松 浩幸 | Edit

まもなく米鉱工業生産、設備稼働率の発表です。コンセンサスは共に悪化です。

2016-09-15 22:01 from 若松 浩幸 | Edit

135.56(S)しました

2016-09-15 22:04 from 若松 浩幸 | Edit

指標前、減ポジ
135.56(S)⇒135.31利確25P
135.18(S)⇒135.31利確▲13P

2016-09-15 22:07 from 若松 浩幸 | Edit

指標から再参入をします。

2016-09-15 22:07 from 若松 浩幸 | Edit

米鉱工業生産、設備稼働率は共に悪化です

2016-09-15 22:16 from 若松 浩幸 | Edit

指標悪化でも米10年債権利回りは上向きです。

2016-09-15 22:18 from 若松 浩幸 | Edit

135.31(S)しました

2016-09-15 22:19 from 若松 浩幸 | Edit

株、債権共に売られています。解り難い展開です。

2016-09-15 22:22 from 若松 浩幸 | Edit

135.32(S)⇒135.15利確17P

2016-09-15 22:28 from 若松 浩幸 | Edit

[22:30現在アルゴリズム解析です]
※20:30の解析内容からの変更は有りません

2016-09-15 22:31 from 若松 浩幸 | Edit

売り直し
135.43(S)しました

2016-09-15 22:36 from 若松 浩幸 | Edit

135.43(S)⇒135.32利確11P

2016-09-15 22:44 from 若松 浩幸 | Edit

23時、NYカットからの動きなりそうです。

2016-09-15 22:50 from 若松 浩幸 | Edit

売り直し
135.41(S)しました

2016-09-15 23:01 from 若松 浩幸 | Edit

135.49(S)しました

2016-09-15 23:14 from 若松 浩幸 | Edit

135.49(S)⇒135.32利確17P
135.41(S)⇒135.32利確9P

2016-09-15 23:36 from 若松 浩幸 | Edit

売り直し
135.36(S)しました

2016-09-15 23:47 from 若松 浩幸 | Edit

135.36(S)⇒135.02利確34P
134.97(S)⇒135.02利確▲5P
134.85(S)⇒135.02利確▲17P

2016-09-15 23:59 from 若松 浩幸 | Edit

戻りはアルゴリズム通りでしたがトレードで売り上がりが早かった事で下ポジに利が乗りませんでした。

2016-09-16 00:04 from 若松 浩幸 | Edit

皆様、お疲れ様です。本日はこれで終了致します。では、お先に失礼します。

2016-09-16 00:10 from 若松 浩幸 | Edit

皆様、おはようございます。お疲れ様です。
まもなく5時55分までの最新データを元にアルゴリズム解析に入ります。
解析が終了次第、TOKYO-strategy(2016.9.16)をアップしますので暫くお待ち下さい。

2016-09-16 04:55 from 若松 浩幸 | Edit

コメントの投稿
非公開コメント


記事がお役に立てば、若松浩幸のブログの応援をお願いします!
(下記のバナーをクリックして頂けると1票が投じられます)

 にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ 

トラックバック
この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。 転載を希望される方はお問い合わせ下さい 
©2011-2016 wonderfx All Rights Reserved.

PAGE TOP