NY-strategy(2016.1.6) - wonderfx

NY-strategy(2016.1.6) - wonderfx

NY-strategy(2016.1.6)

tinytags (3)

NY-strategy(2016.1.6)

アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(23:30~06:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中22:30と23:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。

[21:30現在アルゴリズム解析です]
◆174.79-172.23【↓】売り
《売りポイント》[1]173.93 [2]173.98
《利食いポイント》173.06-173.08

※売りサイン継続です。
※トレンド指数は4ブロック時間軸全て売りとなっています。波動は右肩上りで売りサインです。
※NY時間は売りから参入を致します.
※NY時間の米国指標は
22:15 米12月ADP雇用統計=市場予想悪化
22:30 米11月貿易収支=市場予想赤字幅縮小
23:45 米12月非製造業(確報)=市場予想改善
24:00 米12月ISM非製造業総合指数=市場予想改善
24:00 米11月製造業受注指数=市場予想悪化
24:30 EIA週間石油在庫統計
28:00 FOMC議事録(12月15、16日会合分)

2016.1.6ポンド円LONDON-Summary=リスク回避の円買い

・ドル円は日経ナイトセッションやダウ先物の大幅下落からリスク回避の円買いが進行し118.43まで下落。一方でポンドドルは原油先物安を背景に対資源国通貨でドル高が進んだ影響も受けて1.4617まで下落。ポンド円は両者の下落に連れて173.27まで下落(17:35)。
・その後、ドル円はリスク回避が継続して118.24まで下落幅を拡大。一方でポンドドルは原油先物が下げ止まりからやや反発。更に米10年債権利回り上昇からのドル売りで1.4660まで反発。ポンド円は両者のドル売りの綱引きで173.45を挟んで揉み合いとなっています(20:50)。

2016.1.6英国指標

英12月非製造業PMI 55.5(予想 55.6)

[売買結果][本日 128P 1月累計 613P]
174.92(S)⇒174.75利確17P
174.66(S)⇒174.68利確▲2P
174.65(S)⇒174.68利確▲3P
174.72(S)⇒174.21利確51P
174.29(L)⇒175.05利確▲24P
173.81(L)⇒175.05利確24P  
173.88(S)⇒173.67利確21P
173.83(S)⇒173.67利確16P
173.48(S)⇒173.38利確10P
173.43(S)⇒173.38利確5P
173.59(S)⇒173.46利確13P  2016-01-06 18:44
195.83(S)保有(スイング:リミットを165.66に設定)
173.93(L)保有(スイング:リミットを181.92に設定)
※尚、173.93(L)は純粋な買いではなく保有売りスイングに対する保険の意味も一部含んでいます。

[data条件等]
※このNY-straregyの解析は wonderFX alogorithm&quants 9.10版 になります。
※strategyの対象時間帯は23:30~06:55となります。
※途中 232:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、NY-straregyはアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このNY-straregy Part1により生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
(2015.3.8規定)
commentinfo4.jpg

記事がお役に立てば、若松浩幸のブログの応援をお願いします!
(下記のバナーをクリックして頂けると1票が投じられます)

 にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ 

皆様、お疲れ様です。
17:30以降、173.30‐173.65ラインで4時間方向性が定まらない動きとなっています。このラインで推移している場合はADP雇用統計まで待ってから入ります。
引き続き、NY時間もよろしくお願いします。

2016-01-06 21:37 from 若松 浩幸 | Edit

ADP雇用統計は売り買い両目線で待機しています。

2016-01-06 21:39 from 若松 浩幸 | Edit

まもなく米ADP雇用統計です。コンセは悪化です。

2016-01-06 22:07 from 若松 浩幸 | Edit

指標から入ります。

2016-01-06 22:08 from 若松 浩幸 | Edit

173.18(L)しました

2016-01-06 22:15 from 若松 浩幸 | Edit

米ADP雇用統計は改善です。

2016-01-06 22:16 from 若松 浩幸 | Edit

173.93(L)⇒173.71利確▲22P(保有ポジ)

2016-01-06 22:42 from 若松 浩幸 | Edit

[22:30現在アルゴリズム解析です]
※21:30の解析内容からの変更は有りません

2016-01-06 22:46 from 若松 浩幸 | Edit

   

売りはもう一段上から入りたいです。

2016-01-06 22:49 from 若松 浩幸 | Edit

現況:解説

貿易収支の赤字幅縮小を受けて1月下旬(1/29)発表の米GDP悪化懸念が後退し米10年債権利回り上昇となっています。

2016-01-06 22:53 from 若松 浩幸 | Edit

もう一段上からの売りの意味

米ADP雇用統計改善、そして貿易収支の赤字幅縮小で174円台回復と考えていましたが上値は重いです。

2016-01-06 22:55 from 若松 浩幸 | Edit

押し目では買いが入っています。

2016-01-06 22:58 from 若松 浩幸 | Edit

173.93-173.98の売りラインを上抜けると174.17付近まで戻りの可能性が有ります。売りはタイトストップを入れて臨んだ方が良さそうです。

2016-01-06 23:00 from 若松 浩幸 | Edit

もう一段上が無くやや失速しています。

2016-01-06 23:25 from 若松 浩幸 | Edit

[23:30現在アルゴリズム解析です]
※21:30の解析内容からの変更は有りません。

2016-01-06 23:31 from 若松 浩幸 | Edit

23:30現在 アルゴリズム

動いている様に感じますが
ドル円は微弱の買い、ポンドドルはレンジです。

2016-01-06 23:39 from 若松 浩幸 | Edit

米ISM非製造業総合指数から入ります。コンセは改善です。

2016-01-06 23:49 from 若松 浩幸 | Edit

米ISM非製造業総合指数は悪化です。

2016-01-07 00:00 from 若松 浩幸 | Edit

173.75(S)しました

2016-01-07 00:01 from 若松 浩幸 | Edit

173.75(S)⇒173.51利確24P

2016-01-07 00:06 from 若松 浩幸 | Edit

戻りを売り直しで入ります。

2016-01-07 00:06 from 若松 浩幸 | Edit

ドル買いの綱引きです。

2016-01-07 00:24 from 若松 浩幸 | Edit

安値売りと戻り売りを見極めます。

2016-01-07 00:29 from 若松 浩幸 | Edit

見極めで判断が出来ませんでした。

2016-01-07 01:03 from 若松 浩幸 | Edit

25:00現在アルゴリズム

173.78戻り売りです。それに対するサポート(利食い)は172.82-173.01です。
尚、ショートカバーを警戒して就寝中のポジはストップをタイトに設定した方が良いです。

2016-01-07 01:08 from 若松 浩幸 | Edit

皆様、お疲れ様です。本日はこれで終了致します。では、お先に失礼します。

2016-01-07 01:08 from 若松 浩幸 | Edit

皆様、おはようございます。
まもなく6時55分までの最新データを元にアルゴリズム解析に入ります。
解析が終了次第、TOKYO-strategy(2016.1.7)をアップしますので暫くお待ち下さい。

2016-01-07 05:58 from 若松 浩幸 | Edit

コメントの投稿
非公開コメント


記事がお役に立てば、若松浩幸のブログの応援をお願いします!
(下記のバナーをクリックして頂けると1票が投じられます)

 にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ 

トラックバック
この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。 転載を希望される方はお問い合わせ下さい 
©2011-2016 wonderfx All Rights Reserved.

PAGE TOP