MPC議事要旨で中国懸念から英利上げ時期が「後ズレ」する様な内容で有ればポンド売り要因=LONDON-strategy(2015.9.10) - wonderfx

MPC議事要旨で中国懸念から英利上げ時期が「後ズレ」する様な内容で有ればポンド売り要因=LONDON-strategy(2015.9.10) - wonderfx

MPC議事要旨で中国懸念から英利上げ時期が「後ズレ」する様な内容で有ればポンド売り要因=LONDON-strategy(2015.9.10)

tinytags (1)

LONDON-strategy(2015.9.10)

アルゴリズム解析でポンド円の欧州時間(15:00~21:30)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(TOKYO-Summary)をご案内しています。

◆186.86-184.30【↑】買い
《買いポイント》[1]185.22 [2]185.07
《利食いポイント》186.04

※買いサインに転換しています。
※トレンド指数は4ブロック時間軸全て買いとなっています。波動は右上がりからフラットに。売りがやや後退しています。
※欧州時間はアルゴリズムでは買い参入ですが、東京時間の口先介入での「歪」の修正を待ってから再考をした方が良さそうです。
※欧州時間にはBOEの政策発表及びMPC議事録要旨の公表が有ります。中国懸念から英利上げ時期が「後ズレ」する様な内容で有ればポンド売り要因となります。
20:00 英中銀=政策金利発表
20:00 英金融政策委員会=議事要旨公表
2015.9.10_15:00現在

2015.9.10ポンド円TOKYO-Summary=日経平均下落幅縮小で再上昇

・日経平均800円超安を背景にリスク回避の「円買い」が進行。ドル円は119.97まで、ポンド円は184.23まで下落(10:30)。
・その後、日経平均が下げ渋りから下落幅を縮小すると「円売り戻し」が入り、ドル円は120.55まで、ポンド円は185.05までショートカバー(12:55)。
・後場から日経平均が再び下落幅を拡大するとリスク回避再開で、ドル円は120.30まで、ポンド円は184.70まで下落(13:40)。
・山本幸三衆院議員の「追加緩和は日銀の10月30日会合がいい機会」との発言を受けて一時的に「円売り」が加速。ドル円は121.27まで、ポンド円は185.94まで急伸。その後、急伸の反動から、ドル円は120.55まで、ポンド円は185.05まで一旦戻すも、日経平均が下落幅を縮小すると、ドル円は120.96まで、ポンド円は185.70まで再上昇となっています(14:35)。
・一方でポンドドルは蚊帳の外。揉み合いから、ドル円の「ドル買い」が優勢となると1.5348まで下落となっています(14:35)。

[売買結果][本日 118P 9月累計 3791P]
184.81(S)⇒184.69利確12P
184.76(S)⇒184.47利確29P
184.63(S)⇒184.47利確16P
184.63(S)⇒184.62利確1P
184.71(S)⇒184.53利確18P 
184.71(S)⇒184.53利確18P 
184.49(S)⇒184.25利確24P  2015-09-10 10:28
184.83(S)保有※
186.26(S)保有(スイング:リミットを179.81に設定)
195.83(S)保有(スイング:リミットを165.66に設定)
195.52(S)保有(スイング:リミットを177.20に設定)

[data条件等]
※このLONDON-strategyの解析は wonderFX alogorithm&quants 9.10版 になります。
※strategyの対象時間帯は15:00~21:30となります。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、LONDON-strategyはアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このLONDON-strategyにより生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
(2015.3.8規定)
commentinfo4.jpg

記事がお役に立てば、若松浩幸のブログの応援をお願いします!
(下記のバナーをクリックして頂けると1票が投じられます)

 にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ 

皆様、お疲れ様です。
東京時間の口先介入で「歪」が発生しています。欧州勢の動きを見て参入をポイントを再考します。
引き続き、よろしくお願いします。

2015-09-10 15:11 from 若松 浩幸 | Edit

the指値man(欧州版)はアルゴリズム解析の結果、歪が発生していますので正確さを欠く恐れが有ると判断して配信を中止致します。

2015-09-10 15:11 from 若松 浩幸 | Edit

algorithm analysis欧州戦略(2015.9.10)の更新を完了しています。

2015-09-10 15:25 from 若松 浩幸 | Edit

185.41(S)しました

2015-09-10 15:41 from 若松 浩幸 | Edit

ロンパチまで流れに付いて行きます。

2015-09-10 15:41 from 若松 浩幸 | Edit

凄い。行き成りユーロポンド上昇でポンドドルが弱いです。

2015-09-10 15:42 from 若松 浩幸 | Edit

追加
185.30(S)しました

2015-09-10 15:44 from 若松 浩幸 | Edit

ロンパチで一旦決済して再参入を覗います。

2015-09-10 15:45 from 若松 浩幸 | Edit

185.41(S)⇒185.10利確31P
185.30(S)⇒185.10利確20P
184.83(S)⇒185.10利確▲27P

2015-09-10 15:52 from 若松 浩幸 | Edit

売り直し
185.33(S)しました

2015-09-10 15:56 from 若松 浩幸 | Edit

突っ込んだのでポジションメイクです。

2015-09-10 15:57 from 若松 浩幸 | Edit

両者上向きに変化

米10年債権利回り上昇からの「円売りドル買い」とユーロポンド下落からの「ポンド買い」です。

2015-09-10 16:11 from 若松 浩幸 | Edit

「順張り参入」か「逆張り参入」かを見極め中。ポンドドルの動きはユーロポンドとユーロドルを見ます。

2015-09-10 16:15 from 若松 浩幸 | Edit

185.50(S)しました

2015-09-10 16:18 from 若松 浩幸 | Edit

ゆっくり見極めてから入っていますので高値は掴め無いです。

2015-09-10 16:18 from 若松 浩幸 | Edit

185.33(S)⇒185.38利確▲5P

2015-09-10 16:21 from 若松 浩幸 | Edit

185.75(S)しました--

2015-09-10 16:29 from 若松 浩幸 | Edit

185.79(S)しました--

2015-09-10 16:32 from 若松 浩幸 | Edit

185.86(S)しました--

2015-09-10 16:34 from 若松 浩幸 | Edit

185.79(S)⇒185.77利確2P
185.75(S)⇒185.77利確▲2P

2015-09-10 16:36 from 若松 浩幸 | Edit

ポジションメイク終了で通常トレードに戻ります。
185.86(S)スイングでリミットを179.81に設定しています

2015-09-10 16:39 from 若松 浩幸 | Edit

現時点でのスイング構築での保有は
186.26(S)と185.86(S)となっています。
本日はBOE政策発表が有ります。コンセンサスは現状維持です。重要なのは同時に発表されるMPC議事録です。先般の中国懸念から利上げ時期が「後ズレ」すると【ポンド売り要因】。反対に来年に向けた地ならし的な記載が有れば【ポンド買い要因」となります。
リスクが有りますので昨日までスイング構築を急いでいました。そして本日はそのポジメイクをしています。
MPC議事録の内容次第ではスイング保有を見直す可能性も有ります。
皆様もMPC議事録発表を注意警戒して下さい。

2015-09-10 16:49 from 若松 浩幸 | Edit

ユーロが対ドル、対ポンドで売りが進行。対ポンドでの売りが強い事からポンドドルは反発となっています。

2015-09-10 16:52 from 若松 浩幸 | Edit

米長期金利

昨日(本日未明)、米10年債入札が好調で2.252%から2.174%まで低下した金利が2.209まで戻しています。背景には中国の米債権売りが考えられます。本日も26時に30年債入札が有りますので引き続き米長期金利の動向を注視して下さい。

2015-09-10 17:02 from 若松 浩幸 | Edit

本日はBOEの政策発表及びMPC議事録要旨の公表が有りますので食事休憩を早めて臨みます
食事休憩(17:30-19:30)
保有185.50(S)は暫く185.12にリミットを入れています。

2015-09-10 17:08 from 若松 浩幸 | Edit

「相関性」のズレ

(補足)
米10年債権利回りからの「ドル」の動きに付いて。ドル円は121円の絡む動きが入った場合は金利連動からの「相関性」が薄れる時が有ります。
121円絡みとそれ以外を分けて見た方が良いです。

2015-09-10 17:11 from 若松 浩幸 | Edit

皆様、お疲れ様です。
MPC議事録発表を控えて思惑的なポンド買い戻し進行。米10年債権利回り上昇からのドル円の上昇も有り、ポンド円は欧州安値から1円50銭近い上昇となっています。
この後、注目のMPC議事録公表です。
難しいと感じた時は無理をしないで「様子見」をして下さい。リスクを伴う動きで敢えて参加する必要は無いです。待てば必ず易しい動きになります。
警戒、注意を怠らないで下さい。
引き続き、よろしくお願いします。

2015-09-10 19:37 from 若松 浩幸 | Edit

まもなくMPC議事録です。

2015-09-10 19:51 from 若松 浩幸 | Edit

187.03(S)しました--

2015-09-10 20:00 from 若松 浩幸 | Edit

187.03(S)⇒186.86利確17P

2015-09-10 20:03 from 若松 浩幸 | Edit

187.22(S)しました

2015-09-10 20:04 from 若松 浩幸 | Edit

追加
187.29(S)しました

2015-09-10 20:06 from 若松 浩幸 | Edit

187.22(S)⇒187.14利確8P

2015-09-10 20:10 from 若松 浩幸 | Edit

187.29は187.54にストップを入れています。

2015-09-10 20:18 from 若松 浩幸 | Edit

少し考えていて時間が過ぎた事に気づきませんでした。
皆様、お疲れ様です。
まもなく20時30分までの最新データを元にアルゴリズム解析に入ります。
解析が終了次第、NY-strategy(2015.9.10)をアップしますので暫くお待ち下さい。

2015-09-10 20:38 from 若松 浩幸 | Edit

コメントの投稿
非公開コメント


記事がお役に立てば、若松浩幸のブログの応援をお願いします!
(下記のバナーをクリックして頂けると1票が投じられます)

 にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ 

トラックバック
この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。 転載を希望される方はお問い合わせ下さい 
©2011-2016 wonderfx All Rights Reserved.

PAGE TOP