LONDON-strategy(2018.5.4) - wonderfx

LONDON-strategy(2018.5.4) - wonderfx

LONDON-strategy(2018.5.4)

tinytags (1)

LONDON-strategy(2018.5.4)

アルゴリズム解析でポンド円の欧州時間(15:00~21:30)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(TOKYO-Summary)をご案内しています。

◆149.53-146.69【↑↓】レンジ
レンジ両サイドからの攻め(売り編)
《売りポイント》[1]148.49
《利食いポイント》147.60-147.71
レンジ両サイドからの攻め(買い編)
《買いポイント》[1]147.71
《利食いポイント》148.49-148.62

※レンジサインに転換です。
※トレンド指数は(8h・16h値)レンジ、(24h・32h値)売りとなっています。波動は二段回フラットで上下に振れて転換を繰り返す可能性が有ります。
※欧州時間はレンジ両サイドからの攻め(逆張り)で参入を致します。レンジ(147.60-148.62)の何れかを抜けた段階でレンジ終了から順張りに変更となります。
※イベント(米雇用統計)を控えていますので短期取引となります。イベント前にはポジションをスクウェアにして臨んで下さい。

【指値ポイント】
※NY時間に米雇用統計が引けていますので、指値はリスクが高いと判断をし配信を中止と致します。
※2018.5.4_15:00現在

雇用統計市場コンセンサス

◇失業率(市場コンセンサス4.0%)
2018年
(1月4.1%・2月4.1%・3月4.1%)
2017年
(1月4.8%・2月4.7%・3月4.5%・4月4.4%・5月4.3%・6月4.4%)
(7月4.3%・8月4.4%・9月4.2%・10月4.1%・11月4.1%・12月4.1%)

◇非農業部門雇用者数(市場コンセンサス+19.1万人)
2018年
(1月+22万人・2月+31.3万人・3月+10.3万人)
2017年
(1月+22.7万人・2月+22.5万人・3月+98万人・4月+21.1万人・5月+13.8万人・6月+22.2万人)
(7月+20.9万人・8月+15.6万人・9月+3.3万人・10月+26.1万人・11月+22.8万人・12月+14.8万人)

◇平均時給(市場コンセンサス前月比+0.0%、前年比+2.7%)
2018年
(1月前月比+0.3%、前年比+2.9%・2月前月比+0.1%、前年比+2.6%・3月前月比+0.3%、前年比+2.7%)
2017年
(1月前月比+0.1%、前年比+2.5%・2月前月比+0.2%、前年比+2.8%・3月前月比+0.2%、前年比+2.7%・4月前月比+0.3%、前年比+2.5%・5月前月比+0.2%、前年比+2.5%・6月前月比+0.2%、前年比+2.5%)
(7月前月比+0.3%、前年比+2.5%・8月前月比+0.1%、前年比+2.5%・9月前月比+0.5%、前年比+2.9%・10月前月比+0.0%、前年比+2.4%・11月前月比+0.2%、前年比+2.5%・12月前月比+0.3%、前年比+2.5%)

2018.5.4ポンド円TOKYO-Summary

ダウ先物や日経先物連動

・ダウ先物や日経先物の下落を背景にリスク回避の円買いが進行。ドル円は108.93まで、ポンド円は147.90まで下落(11:55)。
・その後、ダウ先物や日経先物が持ち直すと、ドル円は109.12まで、ポンド円は148.16までショートカバーが入っています。

[売買結果] [本日 0P  5月累計 381P]


[指値条件]
※リアルトレードに参加出来ない人を対象としていますのでリアルとはポイント値が異なる事が有ります。
※設定時刻までに指値が入らなければ中止です。
※ポジションの50%を《22Pipsポイント》で利確し、残ポジションを《最終利食いポイント》まで引っ張ります。
※ストップ値は《22Pips利食いポイント》で利食いが出来た場合は、残り50%のポジションの《ストップ》を建値に変更します。
※指値注文の有効時間は17:30まで(英指標が有る場合は17:00まで)、利食いポイントの有効時間は20:00まで。設定時刻までにポイントまで到達しない場合は成行決済となります。

[data条件]
※このTOKYO-strategyの解析はwonderfx alogorithm&quants 11.1.0版になります。
※strategyの対象時間帯は15:00~21:30となります。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、LONDON-strategyはアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このLONDON-strategyにより生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
(2018.4.2規定)
commentinfo4.jpg

記事がお役に立てば、若松浩幸のブログの応援をお願いします!
(下記のバナーをクリックして頂けると1票が投じられます)

 にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ 

皆様、お疲れ様です。
米雇用統計を控えていますので短期トレード。雇用統計までポジションを持ち越さない様にします。引き続き、欧州時間もよろしくお願いします。

2018-05-04 15:10 from 若松 浩幸

algorithm analysis欧州戦略はドル円、ポンドドル、ユーロ円、ユーロドルの4通貨共にハッキリした売買シグナルが出ていませんので配信を中止致します。

2018-05-04 15:17 from 若松 浩幸

雇用統計info

◇NY-strategy は雇用統計発表の為(テクニカルが通用せず一時的に乱高下する)配信は中止します。
雇用統計の動きを見ながらCES(臨時版)の掲載を行います。あくまでもテクニカルが前提になっていますのでご了承願います。

CES(臨時版)Updateまでは、細かい変化等は随時コメント欄にその都度、掲載致します。
尚、雇用統計のリアルタイムトレードもこのスレッドで全て行いますのでよろしくお願いいたします。

2018-05-04 15:20 from 若松 浩幸

早朝欧州勢はドル買いです。欧州序盤は騙しも多いですので注意をして下さい。

2018-05-04 15:30 from 若松 浩幸

レンジ売り目線でいますの戻り売りから。レンジ下限からの買いはしません。レンジ下限を下抜けた場合は順張りの売りで入ります。

2018-05-04 15:51 from 若松 浩幸

売りラインを149.29-149.34まで下げて待機です。

2018-05-04 15:52 from 若松 浩幸

レンジ下限手前で揉み合いです。雇用統計が控えていますのでじっくり行きます。

2018-05-04 16:56 from 若松 浩幸

レンジ下限手前で揉み合いです。食事休憩(17:40-20:10)に入ります。

2018-05-04 17:30 from 若松 浩幸

ご案内
雇用統計のリアルタイムトレードは「このスレッド」で引き続き行います。
NY市場戦略(strategy)に関しては、指標発表から21:30~2200までのデータをプラスして、NY-strategyCES臨時版(2017.5.4)を22:10頃のアップ致します。
引き続き、NY、雇用統計もよろしくお願いします。

2018-05-04 20:10 from 若松 浩幸

雇用統計
決して「無理」しないで下さい。
世間(各FX会社等)は雇用統計をお祭りの様に扱い参加者を煽っています。私からすると「もってのほか」です。
大きく動くだけでなく上下も振れ通常のトレードとは比べものにならない程、高リスクです。FX会社の戦略は只々取り扱い量を増やしたい、それだけです。雇用統計だけで得る利益を考えて下さい。時間当りでは大きいだけでそれ以外は何も無いです。

「無理」をするなと言っているのは「参加するな」と言った訳では無いです。
通常のトレードと同様に冷静に行うと言う事です。
上記を言い直せば難しいと感じた時は「様子見」。解り易く簡単になった時は「参入」です。
先ずは市場のコンセンサスと結果を比べて正確に判断をして慌て無い事です。

私も難しいと感じた時は100%参入はしません。FXはギャンブルでないからです。

2018-05-04 20:10 from 若松 浩幸

米雇用統計

3月22日、FOMCは政策金利を0.25%の引き上げを発表。そして5月3日は政策金利を据え置き、3月の利上げから金融引き締めの影響を見極める為とし6月利上げで踏み切る考えを示唆した。
トランプ米大統領による大型減税からの上振れ余地が有りますが、一方で鉄鋼等の輸入制限からの不安要因の出ています。6月利上げ、そして先行きの利上げペースを再検討がコンセンサスとなりつつ有ります。この中で米雇用統計の平均時給の動きは注目です。

米雇用統計の初期判断は
平均時給>前月の修正> 非農業部門雇用者数>失業率
の優先順位で確認。
米10年債権利回りの1分足の動きから方向性を見て参入をします。

2018-05-04 20:32 from 若松 浩幸

まもなく米雇用統計です。今回は然程動かないと考えています。前月が下振れしていますのでその修正値が入ると思います。修正値からの動きと平均時給です。何方に動きても短期なら逆張りが有利です。中期は指標内容次第です。
では、よろしくお願いします。

2018-05-04 21:22 from 若松 浩幸

最後にもう一度繰り返します。「無理」しないで下さい。

2018-05-04 21:27 from 若松 浩幸

147.74(S)しました

2018-05-04 21:32 from 若松 浩幸

追加
147.70(S)しました

2018-05-04 21:33 from 若松 浩幸

147.74(S)⇒147.51利確23P
147.70(S)⇒147.51利確19P

2018-05-04 21:36 from 若松 浩幸

ご案内

皆様、お疲れ様です。
まもなく22時00分までの最新データを元にアルゴリズム解析に入ります。
解析が終了次第、非農業部門雇用者数、平均時給に悪化からドル売り=NY-strategyCES臨時版(2018.5.4)をアップしますので暫くお待ち下さい。


2018-05-04 21:47 from 若松 浩幸

一旦反発すると考えて利食いを先行しましたが下押しが先でした。22時00分までの最新データで戻り売りポイントを出します。

2018-05-04 21:51 from 若松 浩幸

非農業部門雇用者数、平均時給に悪化からドル売り=NY-strategyCES臨時版(2018.5.4)の更新を完了しています。

2018-05-04 22:02 from 若松 浩幸

コメントの投稿
非公開コメント


記事がお役に立てば、若松浩幸のブログの応援をお願いします!
(下記のバナーをクリックして頂けると1票が投じられます)

 にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ 

トラックバック
この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。 転載を希望される方はお問い合わせ下さい 
©2011-2018 wonderfx All Rights Reserved.

PAGE TOP