NY-strategy(2017.8.3) - wonderfx

NY-strategy(2017.8.3) - wonderfx

NY-strategy(2017.8.3)

tinytags (3)

NY-strategy(2017.8.3)

アルゴリズム解析でポンド円のNY時間直前からNY本時間(22:30~05:55)の売買ポイント、利食いポイント、ポイント詳細、そして過去8時間のSummary(LONDON-Summary)をご案内しています。 尚、途中21:30と22:30にアルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。

[20:30現在アルゴリズム解析です]
◆146.58-144.16【↓】売り
《売りポイント》[1]145.77 [2]145.87
《利食いポイント》144.78-144.97

※売りサインに転換しています。
※トレンド指数は4ブロック時間軸全て売りとなっています。波動はフラット。乖離修正の反発の可能性が有ります。
※NY時間は売りから参入を致します。
※NY時間の米国指標は
21:30 米新規失業保険申請件数=市場予想改善
23:00 米7月ISM非製造業総合指数=市場予想悪化
23:00 米6月製造業受注指数=市場予想改善
23:00 米6月耐久財受注[確報]=市場予想改善

2017.8.3ポンド円LONDON-Summary

英非製造業PMI改善を受けてポンド買い

・ BOEの政策金利発表や四半期インフレ報告の公表を控えてポンドドルは1.3230を挟んで、ポンド円は146335を挟んで揉み合い。
・英非製造業PMIが市場予想より強い結果となった事を受けポンド買いが進行。ポンドドルは1.3265まで、ポンド円は146.78まで上昇。その後、ポンドドルが年初来高値を更新した事から利益確定に押され1.3227まで、ポンド円は146.33まで下落となっています。

BOE 政策金利発表、議事録、四半期インフレ報告

MPC議事録で利上げ支持が3名から2名に減少

・BOEは政策金利の据え置きを決定。資産買取プログラムの現状を維持。MPC議事要旨では0.25%の政策金利の据え置きを6対2で決定。利上げを支持したメンバーが前回の3名から2名へと減少した事やGDPやインフレ見通しが下方修正された事を受けポンドドルは1.3155まで、ポンド円は145.45まで急落となっています(20:10)。

[売買結果][本日 154P  8月累計 85P]
146.62(S)⇒146.46利確16P 
146.40(S)⇒146.29利確11P
146.28(S)⇒146.29利確▲1P  
146.32(S)⇒145.59利確73P
146.14(S)⇒145.59利確55P  2017-08-03 20:03


[data条件等]
※このNY-straregyの解析はwonderfx alogorithm&quants 11.0.2版になります。
※strategyの対象時間帯は22:30~05:55となります。
※途中アルゴリズムの再解析をして、変更となった場合は加筆を追記します。
※基本、対象時間を超えた場合や、ストーリが完成をした段階で、本strategyは終了とします。
※本、NY-straregyはアルゴリズム解析の内容と若松浩幸のリアルタイムトレードをお伝えするもので、投資判断を促すものでは一切有りません。このNY-straregy Part1により生じる一切の責任に関しては責任を負いません。
※この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。転載を希望される方はお問い合わせ下さい。
(2017.4.1規定)
commentinfo4.jpg

記事がお役に立てば、若松浩幸のブログの応援をお願いします!
(下記のバナーをクリックして頂けると1票が投じられます)

 にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ 

皆様、お疲れ様です。
予想外に利上げを支持したメンバーが前回の3名から2名へと減少。更にGDPやインフレ見通しが下方修正。頭の中ではシュミレーションをしていましたが参りました。
146.32(S)が入ったと、146.17と146.02が売りを入れても入らなく、どうしようか?考えているうちに145.70を切ってきまいたので利食を先行。しかし、その後も下落は継続。売りが入らなかった事で「動揺」から利食いミスです。
引き続き、NY時間もよろしくお願いします。

2017-08-03 20:39 from 若松 浩幸

解析作業をしていますので、指値145.77(S)を入れています。

2017-08-03 20:40 from 若松 浩幸

戻らないです。無理して安値は追いません。但し、この後の米指標悪化からの下落の場合は「別」です。

2017-08-03 20:54 from 若松 浩幸

145円を割れて来ました。
因みに144.30を下抜けるとスイングが売りに転換です。

2017-08-03 21:01 from 若松 浩幸

米新規失業保険申請件数の発表から入ります。コンセンサスは改善です。

2017-08-03 21:05 from 若松 浩幸

前回のBOEとは全く反対の動き。

2017-08-03 21:08 from 若松 浩幸

米新規失業保険申請件数は僅かに改善です。

2017-08-03 21:30 from 若松 浩幸

21:30現在アルゴリズム

145.50-145.60戻り売りです。

2017-08-03 21:32 from 若松 浩幸

売りラインを少し下げて待機しています。

2017-08-03 21:33 from 若松 浩幸

サポートラインの扱いは通常通りの教科書

売りの利食いライン=144.78-144.97(サポートライン)の攻防となっています。完全に下抜けるとサポートラインがレジスタンスに変化。同ラインを上値目処した戻り売りになります。

2017-08-03 21:35 from 若松 浩幸

サポートラインを完全に下抜けした場合は順張り売りで入ります。下抜けしない場合は145.50付近の戻り待ちです。

2017-08-03 21:36 from 若松 浩幸

144.78-144.97(サポートライン)で揉み合いです。

2017-08-03 22:03 from 若松 浩幸

現況22:14

米10年債権利回りが下げ止まりから反発した事でドル円がショートカバー。一方でポンドドルの戻りは鈍いです。

2017-08-03 22:14 from 若松 浩幸

23時まで

23時指標までは安値売りを避けます。指標後はFIXに向けた流れを見て安値売りを判断します。

2017-08-03 22:22 from 若松 浩幸

22:30現在アルゴリズム

145.50-145.60戻り売りです。

2017-08-03 22:31 from 若松 浩幸

145.50が短期乖離修正ポイントでも有ります。

2017-08-03 22:31 from 若松 浩幸

欧州時間~22:30までの高値、安値が今週の高安となっています。

2017-08-03 22:34 from 若松 浩幸

144.78-144.97(サポートライン)はなかなか抜けないです。

2017-08-03 22:42 from 若松 浩幸

23時指標から入ります。FIXまでの1時間勝負です。

2017-08-03 22:49 from 若松 浩幸

安値売り
144.79(S)しました

2017-08-03 23:00 from 若松 浩幸

追加
144.69(S)しました

2017-08-03 23:00 from 若松 浩幸

144.79(S)⇒144.45利確34P
144.69(S)⇒144.45利確24P

2017-08-03 23:04 from 若松 浩幸

耐久財改善もISM非製造業指数が大きく下振れ。

2017-08-03 23:05 from 若松 浩幸

売り直し
144.62(S)しました

2017-08-03 23:06 from 若松 浩幸

追加
144.70(S)しました

2017-08-03 23:08 from 若松 浩幸

144.78(S)しました

2017-08-03 23:11 from 若松 浩幸

144.78(S)⇒144.58利確20P
144.70(S)⇒144.58利確12P
144.62(S)⇒144.58利確4P

2017-08-03 23:19 from 若松 浩幸

売り上がりの入りが少し早かったです。

2017-08-03 23:21 from 若松 浩幸

再度売り直しで入ります。

2017-08-03 23:21 from 若松 浩幸

FIXまで粘りましたが、戻りも限定的です。

2017-08-04 00:04 from 若松 浩幸

24時現在、短期乖離修正ポイントは145.30です。
皆様、お疲れ様です。
本日はこれで終了致します。では、お先に失礼します。

2017-08-04 00:06 from 若松 浩幸

皆様、おはようございます。
4時30分までの最新データを元にアルゴリズム解析を行い、TOKYO-strategy(2017.8.4)の記事をアップしてます。

2017-08-04 04:35 from 若松 浩幸

コメントの投稿
非公開コメント


記事がお役に立てば、若松浩幸のブログの応援をお願いします!
(下記のバナーをクリックして頂けると1票が投じられます)

 にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ 

トラックバック
この著作権は若松浩幸に帰属しますので、無断転載を禁じます。 転載を希望される方はお問い合わせ下さい 
©2011-2017 wonderfx All Rights Reserved.

PAGE TOP